【ネットナンパ】姫始めはペアーズ500+いいねのナースを直家で

あけましておめでとうございます!

2018年の年末は実家にいすぎて
東京の感覚をすっかり忘れてしまいました。

一昨日くらいに戻ってきた感想としては

人多!!!!

いや、僕の地元も神奈川なんでそこまで田舎ではないんですけどね。

東京と比べるとやっぱりしょぼいですねw
街が小さく見えました。

でも東京での暮らしも5年が経ちそろそろ飽きてきたので
今年の目標は東京を脱出してのんびり暮らす環境を整えるにしたいと思います。

そんなところはさておき
年末年始は完全にナンパ活動をサボったと見せておきながら
やることはちゃっかりやっておりました。

寝正月しながらもネットナンパで種まきは欠かさずやっていたんですね^^

女の子について

・ペアーズ
・いいね500+以上
・24歳
・ナース
・遊び目的はNG
・チャラい人も苦手
・でも甘えたい派
・そして構ってちゃん

プロフィールをざっと読んでいて思ったのは

恐らくこの子遊ばれて来たんだろうな、、、

なぜかというと
甘えたい+構ってくれる人が好き

というのをわざわざプロフィールに書いているのを見る限り
寂しがりやなんだろうなーと思いました。

メッセージを送ってみると案の定返信も早いです。

寂しがりやの典型ですね〜

もちろん寂しがりやだからと言って
誰にでもOKを出すわけではないですよ。

比較的ゲットしやすい属性であることは間違いないですが
こちらのプロフィールやメッセージの内容、返信速度もある程度合わせる必要がありますね。

マッチングするまで

きっかけはこの子からいいねをもらったことです。

毎日平均して20〜30くらいのいいねが来ます。
僕は。

これはプロフィールの写真、情報をしっかり埋めることに加えて

足跡を増やしてページのアクセス数を上げること

を毎日しっかりやってます。

どれだけいいプロフィール作っても、
見てもらわないとしょうがないですからねw

だから毎日1000〜2000くらいの足跡をつけてます、地道にw
足跡ツールも使わず完全手動ですが
パソコンでやるとただボタンをタップするだけなので楽ですよ。

特に23時〜24時はいいねをもらえるゴールデンタイムです!
この1時間に足跡をつけまくることでいいねがもらえ
それが=ブランディングになるのです^^

僕も500+いいねなので、
女子からも「モテそう」「人気会員なのに連絡くれてありがとうございます」

などという声をよくもらいます。

こうした地道な工夫でブランディングできることが
ペアーズのいいところですね。

マッチングしてから

ということで、
僕のプロフィールに対してこの子からいいねをしてきている状態なので
その後のやり取りは比較的楽でした。

こんな感じでサクサクLINEへと誘導です。
ポイントを上げるとすれば
・相手がモテそうと言ってきた場合の対応として
L好きな人にモテないと意味ないという切り返し

→これはモテることを否定せず、かつ真に受けてるとも思わせない切り返しとして有効です。

※ここでデレっとした様子を見せると一気にキモくなりますw

・LINEへの誘導は自然と

ここもある程度テンポよくやり取りできていれば、まず断られることはありません。
別に個人的にはLINE交換しなくてもいいのですが
電話で距離を詰めたいのでLINE交換を最近ではするようにしています。

電話でのやり取り

電話では小一時間くらいやり取りしました。
プロフィールや直近のやり取りを話題とした近況トーク

ある程度温まったら恋愛トーク(元カレの話など)

家打診への誘導をかけていく

の3段階が大枠ですかね。

ここはストリートナンパの連れ出し時とそんなに変わりません。
それが電話になっただけです。

加えて、相手がどの程度発言してくるのかによって
警戒やラポール度合いを判断して話題展開していくイメージです。
ここはある程度経験ないと引き出しが無いので対応できませんがw

今回の場合は
・最初から警戒心がなくよく喋る
・彼氏も3ヶ月前

ということで
上で予想していた通りの寂しがりやの属性と見ました。

家への誘導はガチ打診の前に
「今度〇〇寄ったとき会いに来てよ」
とジャブを打つようにしています。

〇〇は自分の最寄りエリアですね。

後は会話の中で出てきたものをフックに理由付けをしたりもします。
お酒好きなら今度美味しいお酒用意しとくよ的なニュアンスですね。

鉄板は映画とか、今の季節なら鍋しようよとか
何かしらの理由をつけて打診をすれば引かれることもありません。

前段でラポールを築けていれば
断られたとしても気まずい雰囲気を作らずに済むのです。

今回は小一時間電話して、お互いそんな家が遠くなかったこともあり
「じゃあ今度軽く飲みにおいでよ」
「わかった〜」

ということで決まりました。

会うまで

本当は電話した翌週の火曜に会おうという話になっていたのですが
電話後からの食いつきもよく

向こうから飲み会終わりに会いに行っていいかという打診が来ました。

でもやり取りしていくと

「やっぱ今日は良い過ぎて普通のときに会いたいかも〜」

おい!

というような流れになりかけましたが
(会う会わないがはっきりしない状態が僕は一番嫌いです笑)

なんとか引っ張って会うことに。

家の最寄り駅まで来てもらい
途中「チャラい」「ヤリ目」など散々言われましたが

最後は
「入れてください」

となってことを終えました。

最後の攻防に関しては
前段での和みが関係してきますが

初回に口説くことの正当化を図る、オウム返しするが良い方法だと思ってます。
今回だと
・メッセージして、電話して、やり取りして順序はちゃんと踏んでる
・やり捨てとかありえない
・むしろそっちがやり捨てしそう

などなど言って無事に姫始めを終えました。

最近、直家以外のアポが少なくなっているので
まともなアポも入れていきたいと思います^^

それでは皆さん今年もナンパライフを楽しみましょう!

ではでは。

恋愛を制するものは人生を制す

 
僕は23歳から女性にモテる能力を高める『鍛恋活動』を始め、
これまで累計100人以上の女性とベッドを共にしてきました。
 
そう言うと
 
「お前はどうせもとからイケメンで、
しゃべるのも上手かったんだろ?」
 
と思われるかもしれません。
 
ただ、僕はもともと女性にモテていたわけでも、
イケメンだったわけでも、
ましてやしゃべるのが得意だったわけでもありません。
 
むしろ真逆。
 
スポーツや勉強、すべてが平凡で自信のない、
ただのコミュ障。
 
おまけに23歳まで彼女ナシ、素人童貞という
吉粋の『非モテ男子』でした。
 
ただ、そんな僕も今では
モデルや女優のような美しい女性とデートやセッ○スを存分に楽しめるようになりました。
 
そして、誰もが羨む美女を彼女にでき自信がついたことで、
今ではモテるだけでなく独立起業することにも成功しました。
 
恋愛もビジネスも結局は
「慣れ」なんですよね。
 
美女と話すことに慣れて、
どんな時でも男らしく堂々と振舞えるようになれば、
誰でも必ずモテるようになるということです。

 
そこで、もしあなたが女性問題を解決し、
人生を変えることに興味があれば、
 
僕たいこうが雑魚過ぎたメンタル(=「心体力」)を鍛え直し、
過去のひどすぎた女性コンプレックスを解消した過程を公開しているので
下記の記事をぜひ読んでみてください。
 
23歳素人童貞からモデル級美女を彼女にし、100人切りを達成できた僕たいこうの理念
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
下記画像をクリックして『鍛恋道場入門編』の詳細を見てみる
ccmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA