クズ女を好きになってしまいました

真面目なのにモテない人ってたくさんいますよね。
男として見れない、みたいな。

そして案外ゲスい奴が清楚で性格もいい女の子と何故か付き合ってるっていう現象を目にしたことはありませんか?

僕は何度もありますよw

なんであの可愛い子があんな奴とって。

ずっと不思議に思っていたんですが、
最近になってようやく分かりました。

人の心を掴める人とそうでない人の違い。
圧倒的に好かれる人とそうでない人の違いを。

印象に残らなかった、”良い子たち”

今までナンパを通じて何人かと付き合ってきました。
本気で付き合った子とは1年半くらい続きましたが、
それ以外は1ヶ月、長くて2ヶ月程度で別れ、また付き合いを繰り返してきました。

みんな良い子たちでしたよ。

気を使ってくれましたし、僕の遊びの提案にも乗ってくれて、会いたいといえばすぐに来てくれて。

でもね、経験ある人なら分かると思うんですが
なんでもかんでも自分の言うことうんうん聞いてくれる子っていても案外”つまんない”んですよね。

話も合わせてくれて、決して僕のことを否定しない。

普通だったら嬉しいはずじゃないですか?

でも僕の心は、何も感じなかった。
どこか向こうが遊びにいきたそうな顔をしても、心は踊らなかった。

最初は会ったりしていたものの
徐々に会う頻度も減って自然消滅、ということを繰り返していったのでした。

強烈に心を掴まれた、”クズ女”

その子とは熊本で出会いました。

「熊本 繁華街」の画像検索結果

まだ高校を卒業したばかりの18歳。
可愛らしい容姿でしたが超絶スト高というわけでもなく、
クラスにいる可愛い女子という程度の印象。

クソ生意気で完全に上から目線。
頭もよくディベートも経験していることから、うまく主導権を握れないような子でした。

ギラつこうとすると、必ずお金を要求してきます。

普通だったらこんな生意気な子、すぐに放流してさよならするところです。

でもこの子は上記で上げた所謂”良い子たち”とは違い、
圧倒的に僕の心を掴んだんです。

・生意気なくせに、お店を出ると途端に甘えてくる
・口では馬鹿にしてくるが、本当は構ってほしいサインを出してくる

一言でまとめるなら完全なツンデレタイプです。

そして僕はこの子に、圧倒的に惹かれていきました。

良い子、と呼べる要素は一つもないですよw
自分勝手で、わがままなタイプです。

何かとお金を出させようとしてくるあたり、
世の中を完全に舐めているクズな女でしょう。

でも、この子は僕の心を掴みました。
良い子たちには何もしてあげようと思わなかった僕が、
この子にはなにかしてあげようと、そう思えたのです。

それは、クズな中にも可愛らしい一面があったからです。
最初から最後までクズなら、好きにはなりません。
腹が立って終わりです。

でもこの子の場合は、馬鹿にしてくることもあれば褒めてくることもあり
なんだかんだ最後は甘えてくるし、自分を好いているのが分かりました。

寂しくて構ってほしくてこう言ってるんだろうと思えば、可愛く思えてしまいます。

良い子たちは、僕に気を使ってかわがままは一切言いませんでした。
でもこの子は「スマホ見るの禁止!目の前に美少女がいるんだからかまって」など平気で言ってくるタイプです。

図々しさもありつつ、仕事で本当に忙しくしているときは、黙って寂しそうに目だけで訴えてくる、そんな子でした。

僕は、久しぶりに心から人を好きになった気がする。

まあ、こんなツンデレなんかに心を奪われてしまっていると言えばそれまでですが。

明らかに気を使われていても、人は楽しく思えません。
気遣いは嬉しいですが、それ以上に自分というものがないと、一向に印象にすら残らないのです。

あと最後に、もちろん外見は大事です。
この子も外見が可愛くなければ、僕も心は奪われていないのでw

まとめ
・遠慮するな、配慮はしても、遠慮はするな
・相手を分析する癖は忘れずに
・恐れず自己主張せよ、自分の意見がない男は空気と同じ
・見た目は最低限ではなく、自分史上最高と言えるまで磨き上げよ
・褒めといじりは使い分けよ

真面目一辺倒でも、ふざけオンリーでもだめなわけですね。

ときにいじり、ときに褒め、ときに優しく、たまに冷たく。
かつ外見も整っている人は、間違いなく相手の心を掴める人材です。

もっと踏み込もう、自分を出していこう。
そして自分が心を奪われるのではなく、相手の心に働きかけよう。

それらの経験の積み重ねで、僕らは本当の自信を手に入れられるのです。

クズ女からも大いに学びのあった最近のできごとでした。

恋愛を制するものは人生を制す

 
僕は23歳から女性にモテる能力を高める『鍛恋活動』を始め、
これまで累計100人以上の女性とベッドを共にしてきました。
 
そう言うと
 
「お前はどうせもとからイケメンで、
しゃべるのも上手かったんだろ?」
 
と思われるかもしれません。
 
ただ、僕はもともと女性にモテていたわけでも、
イケメンだったわけでも、
ましてやしゃべるのが得意だったわけでもありません。
 
むしろ真逆。
 
スポーツや勉強、すべてが平凡で自信のない、
ただのコミュ障。
 
おまけに23歳まで彼女ナシ、素人童貞という
吉粋の『非モテ男子』でした。
 
ただ、そんな僕も今では
モデルや女優のような美しい女性とデートやセッ○スを存分に楽しめるようになりました。
 
そして、誰もが羨む美女を彼女にでき自信がついたことで、
今ではモテるだけでなく独立起業することにも成功しました。
 
恋愛もビジネスも結局は
「慣れ」なんですよね。
 
美女と話すことに慣れて、
どんな時でも男らしく堂々と振舞えるようになれば、
誰でも必ずモテるようになるということです。

 
そこで、もしあなたが女性問題を解決し、
人生を変えることに興味があれば、
 
僕たいこうが雑魚過ぎたメンタル(=「心体力」)を鍛え直し、
過去のひどすぎた女性コンプレックスを解消した過程を公開しているので
下記の記事をぜひ読んでみてください。
 
23歳素人童貞からモデル級美女を彼女にし、100人切りを達成できた僕たいこうの理念
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
下記画像をクリックして『鍛恋道場入門編』の詳細を見てみる
ccmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA