中途半端なやつが一番ヤバイ!ナンパするにはプライドを捨てる必要がある!

こんにちは!

 

たいこうです。

 

僕は会った人には必ずと言っていいほどナンパを勧めます。

 

「絶対にやったほうがいいよ」と。

 

俺はこれで人生変わったからと。

まあ実際そうですからね。

 

もちろん、現時点で女性に困ってなさそうな人、
ラブラブな彼女がいる人には言いませんが、
「あー彼女ほしいー」と冴えない顔で言う人には、
漏れなく「じゃあナンパずればいいじゃん!」と話しますw

 

ただ、多くの人は「えーナンパー??」って反応をします。

 

そうすると、今度は僕がこれまでナンパで
いかに自分の人生を変えてきたのかっていう話をするのですが、
そうしたら「マジか!すげーな!!」ってなります。

 

まあ人生の中で6年も真剣にナンパやってきた人の話を聴く機会なんて
そんなにないでしょうから、かなり興味は持ってくれます。

 

が、そこから実際に自分がナンパを始めようとする人はなかなかいません。

 

まあ、僕の誘い方が下手なのかもしれませんがw

 

ただ、彼らに共通しているのが

「そこまでするほどでもない」ってことです。

 

つまり、彼らはいつかいい女に巡り会うだろうし、
今は彼女いないけど、まあそのうちなんとかなるだろうと漠然と思っているということ。

 

もちろん、実際そういう人もいるでしょうから、一概に批判する気はありません。

 

が、中には対女性への対応とかを見てると、
「いや。おまえそれじゃあこの先絶対いい女なんて抱けないぜ・・・」
って人もいるんですよね。残念なことに。

 

でも、そういう人も昔はそこそこの彼女がいた経験とかがあるんですよね。

 

なので、そういう人ほどなまじ「俺は本気出せばいける」って思ってます。

 

つまり、プライドがあるんです。

 

それに対して僕みたいなのは

 

「あまりに恋愛できなさすぎて、本当にこのままじゃ人生終わる」

 

ってところまで追い詰められてたんです。

 

だから、逆にナンパを始める以外なかった。

 

 

で、昔はもちろんそれが超コンプレックスだったわけですが、
ただ最近思うのは、そういうやつのほうが人生を劇的に変える可能性があるということ。

 

実際、凄腕と言われているナンパ師さんの中には
僕のようにもともと素人童貞だったとか、彼女が一人もいたことがなかった
という人が何人もいます。

 

それか、彼女はいたことあるけど、何らかの要因で
セルフイメージが鬼下がりして、マジで自信が完膚なきまでに叩き潰された人や、
その結果、鬱病を患ったり、引きこもりになったりとか、
社会的にオワタ人たちが多い。

 

彼らの共通点は皆、一度本当に死ぬほど辛いどん底を味わってるってことです。

 

でも、だからこそ彼らは行動できたわけですね。

 

もう行動せざるを得ない状況だったから。

 

 

そう考えると、僕的には
「それなりにやれちゃってる人」の方が、逆にヤバイんじゃないかってこと。

 

サラリーマンとしてそこそこで、収入も並以上にはもらっていて、
そこそこの彼女がいた経験があって、まあ一般的に見たら普通の人みたいな。

でも、心の奥底では

「なんか本当の自分を出せてない気がする」
「本当の俺はもっとできるはずなんだけど」
っていう葛藤を抱えてたりする。

 

けど、そういう人はすぐには着火しないから。

 

いつまでも問題を先送りにしてしまったりする。

 

それで気づいたら40とか50になっても、ずっと同じ状況が続いている。

それが人生的に見たら一番キツくないかって僕は思うんですよね。

 

だから、僕はそういう人たちにも
ぜひプライドを捨てて、素直にナンパを始めて
一気に人生を変えて欲しいなって思うんですよね。

 

世間的にナンパは辛いものだと思い込んでる人は多いですが、
実際はそんなことなくて、ちゃんとステップを守ってそのとおりにやれば
負荷は最小限で済みます。

 

それで、それまで手も足も出なかった美女を心ゆくまで抱けるようになったら、よくないですか?

 

とりあえず、めちゃくちゃ自信つきますよね。

 

世の中、普通に見えても心の中では密かに

「俺自信ない」って思ってる人多いですからね。

 

でも、ナンパできるようになれば、

鬼のように高いセルフイメージが手に入ります。

 

人生が当たり前のように変わることでしょう。

 

僕が言いたいのは、世の中にはたくさんの選択肢があるということを知りましょう、ということです。

 

人としゃべるのが苦手とか、彼女ができないとか、

 

そういうのってはっきり言って「ストレス」じゃないですか。

 

もしそういう現状が「嫌」なのであれば、

今すぐにそこから逃れるべきです。

 

選択肢はたくさんあるんですから。

 

ストリートナンパはもちろんそうですが、

別にネトナンでもいいし、今まで合コンとかパーティとか

そういうのにあまり行ったことがなかったような人は、まずはそこから行ってみてもいいです。

 

人生その気になればどうとでもなります。

 

小さなところからでも、動き出せばどんどん変わって行きますよ。

 

特にコミュニケーションって、それ自体を勉強してる人が少ないので、

それを学ぶだけで超変わりますから。

 

仲良くなるための会話の構成とかはもちろん、

「この人なんかいいかも」と思わせる声の出し方とか、テンポとか、

そういうのってなかなか習わないじゃないですか?

 

そういうのを知るだけで楽しいですよね。

 

だから、新しいことを知るのっていいなあと思うんです。

 

それこそ、ナンパやコミュニケーションを学ぶこと自体が自分の「居場所」になります。

だって、そうやってなりたい自分に純粋な自分て、絶対一番自分らしいじゃないですか。

 

僕の講習を受けに来てくれたある人も、

今まで仕事もつまらないし、友達もできないし、刺激ゼロの生活だったようですが、

ナンパして、勉強して、ナンパして、ってやってたら人生が超楽しくなったようです。

 

いやーよかったよかったという話です。

 

僕は別に超凄腕ナンパ師になりましょうと、言いたいわけじゃありません。

 

ただ、今「人生がイマイチ面白くない」と思ってる人に、

現状を変えるられる他の選択肢があるんだということを知ってほしいんです。

 

ナンパなんて無理だ!怖い!

 

って思う人が大半かと思いますが、そんなの最初はみんな絶対にそう思うもんです。

 

最初の声かけなんてそれこそ冷や汗タラタラで、マジで生きた心地がしないと思います。

 

でも、それでもなんとか1声かけ、2声かけ、、、、とやってくとだんだん慣れていって、

そのうちバンゲや連れ出しくらいなら余裕でできるようになってしまうんです。

 

そう!

人間は慣れる生き物なんです。

 

だから、怖がる必要はありません。

 

ぜひ、いろんな経験をしていきましょう。

 

普通の人がしていないような経験をたくさんすればするほど、人生は面白くなっていきまっせ。

 

ではでは。

 

たいこう

恋愛を制するものは人生を制す

 
僕は23歳から女性にモテる能力を高める『鍛恋活動』を始め、
これまで累計100人以上の女性とベッドを共にしてきました。
 
そう言うと
 
「お前はどうせもとからイケメンで、
しゃべるのも上手かったんだろ?」
 
と思われるかもしれません。
 
ただ、僕はもともと女性にモテていたわけでも、
イケメンだったわけでも、
ましてやしゃべるのが得意だったわけでもありません。
 
むしろ真逆。
 
スポーツや勉強、すべてが平凡で自信のない、
ただのコミュ障。
 
おまけに23歳まで彼女ナシ、素人童貞という
吉粋の『非モテ男子』でした。
 
ただ、そんな僕も今では
モデルや女優のような美しい女性とデートやセッ○スを存分に楽しめるようになりました。
 
そして、誰もが羨む美女を彼女にでき自信がついたことで、
今ではモテるだけでなく独立起業することにも成功しました。
 
恋愛もビジネスも結局は
「慣れ」なんですよね。
 
美女と話すことに慣れて、
どんな時でも男らしく堂々と振舞えるようになれば、
誰でも必ずモテるようになるということです。

 
そこで、もしあなたが女性問題を解決し、
人生を変えることに興味があれば、
 
僕たいこうが雑魚過ぎたメンタル(=「心体力」)を鍛え直し、
過去のひどすぎた女性コンプレックスを解消した過程を公開しているので
下記の記事をぜひ読んでみてください。
 
23歳素人童貞からモデル級美女を彼女にし、100人切りを達成できた僕たいこうの理念
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
下記画像をクリックして『鍛恋道場入門編』の詳細を見てみる
ccmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA