【有楽町ナンパ→23歳ナース即】誰にでも身体を許してしまう女性ってこういう子

 

 

先日、有楽町で23歳ナースを即ってきました。

単に即っただけだと記事にもならないのですが、先日30人ほど参加されたナンパ師飲み会で

 

「どうやったら即れますか?」

「まだ即ったことないです。早く即りたいです!」

 

という質問をいくつかいただきました。

 

自分も一番最初に即ったときは「こんなこともできるんだ」というなんとも言えない達成感を味わったものでした。

 

そしてあれから3年ほど経ち、より簡単に即できる・できないのポイントを見分けられるようになりました。

 

今回は所謂「即系」女子の特徴が分かる記事になってるので、これから初めて即を迎える方やなんとなく即を知っている人まで改めて理解を深めてもらえればと思います。

 

それではスタート!

 

 

 

 

今日は華金

21時

 

場所は有楽町

 

てんしんさんと軽く合流。

 

この日の有楽町は人が少ないw

かつ駅前の広場にイベントスペースができていて、とても声かけしづらい状況w

 

しかし!

 

僕らナンパ師はそんな逆境も乗り越えていかなければいけません!

 

人が少なくても、ナンパに適していない場所でも声をかけて自ら出会いを生み出すのです。

 

どんなに厳しい状況も「どうやったらできるか」に思考変換できるのは心体力の強さの表れでもありますしねw

 

有楽町ナンパスタート

 

 

ということ駅前にちょいギャル風の若い子が歩いていたので声かけ!

 

「こんばんはー。一個いいです…あ、なんか探してます?」

 

「いやいやいや」

 

「いやいやいや、なんかすごいキョロキョロしてるじゃないですか」

 

「いやいやそんなことない」

 

「あ、そうすかw待ち合わせとか」

 

「そうです、待ち合わせです」

 

「いや絶対嘘ですよねw」

 

「いやほんとにほんとに。友達が来るんで」

 

「あ、そうですか。じゃあ気まずいですか?いると」

 

「いやそんなことはないです。いま有楽町駅方面探してて」

 

「あ、ここもう有楽町駅ですよ。でも有楽町駅近くは危ないんで。ほら勧誘とか」

 

「あー、こういうね…」

 

「これ勧誘じゃないですよwただの仕事帰りっすw」

 

てな感じで友達が来るまで暇とのことだったんでカフェ連れ出しOKも近くのカフェがちょうど閉店時間にw→急遽地下街のコンビニ連れ出し→バンゲw

 

で終わりました。

こういう事態にも臨機応変に連れ出し場所とか変えて和みに入ったのがポイントですw

 

声かけ2分で分かった即系女子のポイント

 

その後何声かけかし、新橋方面の交差点付近でスタスタ歩く乳の大きい女子を発見!

 

すかさず声かけ!

 

「こんばんは。どうもこんばんは。すごい優雅に歩いてたんで」

 

「……」

 

「え、だめですか?話しちゃだめ?」

 

「クス」

 

「そんな切羽詰まってないですよね?…笑ってますよwいいことあったんですか?」

 

「ない」

 

「え?ない?ほんと?でも金曜日ですよ今日は」

 

「…」

 

「うん。華金の顔してる」

 

「土日休みじゃないんで」

 

「あ、そうなの?え、何でも明日休み?」

 

「うん。明日は」

 

「じゃあいいじゃん!ちょっと話すくらいなら」

 

「なんの話をするの?」

 

「いや、特に題材とかはないんだけど。華金だし気持ち高まってるし」

 

「ほら、休みの日の前の日は飲むもんでしょ」

 

「どうでしょうねー」

 

「どうでしょうねー、どっかでもう飲んできたん?」

 

「いや、ご飯食べてました^^」

 

「じゃあね、軽く行こうよ。一杯くらい」

 

てな感じで居酒屋に連れだし!

 

30593272

 

 

でもね、この時点でもうこの子は即れるなーって思ってました。

 

なぜか?

 

文章だと伝わりづらいんですが、この子は連れ出し打診に対して強い抵抗してこないんですよね。序盤でまだ全然和めていないにも関わらず!です。

 

普通の子だったら、早めの打診に対してははっきりとNoを示してきます。

 

そこから和み→打診→和み→打診を繰り返していくわけです。

 

ノリのいい子などであれば早めの打診に対してOKを出してくる場合もありますが、この子はそういうタイプでもない。

 

自分の意見をはっきり言ってこない=自分の意思が弱そう

とこの子の場合は分析できました。

 

はい。

 

もう分かりますよね?

 

・押しに弱い

・流されやすい

 

典型的なパターンの子ですw

 

連れだすまでだいたい2分くらいで話をまとめましたが、もう即れるイメージが湧いているのでした( ̄▽ ̄)

 

でも一応居酒屋打診したし、僕もちょっと飲みたいし、居酒屋入りましょう!

 

■女子データ

 

・23歳

・都内某大手大学病院ナース

・新卒で地方からでてきて1年目

・仕事つまらん

・仕事忙しい

・彼氏もいない

・胸はハリのあるFカップ

・なんだか眠くなってきた

 

ほらほらほら。

即OKサインもいくつかでてきてるし

これはもうイケるでしょヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

 

ということで大して和みもせず30分くらいで居酒屋退店

 

手つなぎ→一瞬嫌がるもつなぐとつなぎ返してくる

 

さーてここで一つ問題が…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラブホ近くにねー(..)

 

 

 

そうなんです。

 

ここは有楽町。

僕も何回かやってきてるんですけど、有楽町にはラブホがないのです。

満喫もないので、個室連れだすならカラオケしかないんですw

 

時間は23時過ぎ…

 

カラオケも混んでそうだしどうするか…

 

ということで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新橋に移動することにしました(´Д` )

 

新橋にはレンタルルームありますからね!

 

ということで手をつなぎながらカラオケ行こー→やっぱタクシー乗って新橋行こーに切り替え。

 

こういう雑な切り替えに対しても、全然Noを示してきません。

 

23時15分頃

 

新橋到着。

 

 

手つなぎはしながらテンションキープし、

あとはレンタルルームに入るだけ!

 

なんですが!

 

あれ?レンタルルームがない(..)

 

前に確認したはずのレンタルルームがなぜかないのです…

 

テンションキープしながらスマホで検索してさらに場所探すのはめんどいので

 

結局目の前にあった漫喫にin

 

入り口に向かうエレベーター内で抱き寄せ→チュー

 

そして個室にin

 

さあ

 

来ましたよヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

 

チュー→OK

ベロチュー→OK

 

いちゃついてきたとこで乳へ

 

「いや」

 

「いやいやいや」

 

「あん、やだ」

 

「大丈夫大丈夫」

 

「ぁぁん、やん、だめ」

 

あれ?先に進まなくね?

 

この攻防を5往復くらいしたところで埒があかないので開放トーク!

 

結構この子声を我慢できなさそうだったので

 

「他の場所にする?」

 

「うん」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漫喫を5分で退店w

 

その後もう一度レンタルルーム調べたんですがなかなか遠く…

結局目に入ったホテルにようやくin!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で即完了!

 

めちゃめちゃ柔らかい乳を堪能し夜と朝でそれぞれ一発ずつ!

 

まとめ:即系女子は主に2タイプ

 

今回即ったこの子は即系ですが、

即系には主に2タイプ存在します。

 

・誰にでも即系

・条件を満たせば即系

 

前に書いたペアースで即った子なんかは「条件を満たせば即系」の子でした。

それなりの身なりがあり、自分の話をきちんと聞いて寂しさを埋めてくれる、そんな人であれば身体を許す子です。

 

んで、今回の子はというと説明するまでもなく「誰に対しても即系」の子でした。

 

もちろん「誰に対しても即系」だからと言って強引にいきすぎるのはダメですよw

あくまで即りやすいというだけであって、そこはきちんとコミュニケーションを経てから誘導しましょうw

 

そして僕らナンパ師が目指すのは、この即系の子を即るのではなく

即系でない子に対しても、立ち居振る舞い・トークで満点をもらい、即ることです。

 

そこさえブレずに持っていれば、即系の子を即るのも楽しめるかなと。

 

 

 

だってエッチしたいじゃないですか( ´艸`)

 

 

 

今回は金曜日で仕事も頑張ってたし、こんな日があってもいいのです。

 

ということで今回は即をこれから迎えられる方に向かって書きました!

 

女子もセックスを求めているので、僕らもきちんと見抜いて適切に即っていきましょう!

 

記事の感想やご質問等があれば遠慮なくコメントして頂ければと思います。

 

また、コメント欄で他人には見られたくない悩み事等がある方は、下記のアドレスへ気軽にメッセージしてください。

一通一通丁寧に全て目を通し、必ず100%返信までします。

nanpa952000@gmail.com

 

お読みいただきありがとうございました。

それでは!

 

恋愛を制するものは人生を制す

 
僕は23歳から女性にモテる能力を高める『鍛恋活動』を始め、
これまで累計100人以上の女性とベッドを共にしてきました。
 
そう言うと
 
「お前はどうせもとからイケメンで、
しゃべるのも上手かったんだろ?」
 
と思われるかもしれません。
 
ただ、僕はもともと女性にモテていたわけでも、
イケメンだったわけでも、
ましてやしゃべるのが得意だったわけでもありません。
 
むしろ真逆。
 
スポーツや勉強、すべてが平凡で自信のない、
ただのコミュ障。
 
おまけに23歳まで彼女ナシ、素人童貞という
吉粋の『非モテ男子』でした。
 
ただ、そんな僕も今では
モデルや女優のような美しい女性とデートやセッ○スを存分に楽しめるようになりました。
 
そして、誰もが羨む美女を彼女にでき自信がついたことで、
今ではモテるだけでなく独立起業することにも成功しました。
 
恋愛もビジネスも結局は
「慣れ」なんですよね。
 
美女と話すことに慣れて、
どんな時でも男らしく堂々と振舞えるようになれば、
誰でも必ずモテるようになるということです。

 
そこで、もしあなたが女性問題を解決し、
人生を変えることに興味があれば、
 
僕たいこうが雑魚過ぎたメンタル(=「心体力」)を鍛え直し、
過去のひどすぎた女性コンプレックスを解消した過程を公開しているので
下記の記事をぜひ読んでみてください。
 
23歳素人童貞からモデル級美女を彼女にし、100人切りを達成できた僕たいこうの理念
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
下記画像をクリックして『鍛恋道場入門編』の詳細を見てみる
ccmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA