ボイスディレクター菅井秀憲に学ぶ。失敗しまくれ!自分をさらけ出せるやつが勝つ!

こんにちは!

たいこうです。

 

先日こちらの菅井秀憲さんというボイストレーナーの動画を見てたんですけど、めっちゃ感動しました。

 

菅井さんはいわゆるスパルタ系な指導をする人で、最初はぶっちゃけ「ムカつくわー」って思ったんですけど、でも、ずっと見てると指導を受けた人がみるみる変わっていくんですよね。

 

「うわ、こりゃすげー!」

 

って一人興奮してました。笑

 

最近は自分もナンパを教える機会が多いので、こういう動画を見ると自然と「自分が教えるんだったらどうだろう」って考えるんですよね。

 

何か自分に取り入れられるものはないかなーとか。

 

で、菅井さんは何がすごいかっていうと、相手を「本気」にさせるのが抜群にうまいんですよ。

 

多くの人は自分では一生懸命やってるつもりでも、本当につもりなだけで、所詮は自分の殻の中で頑張ってるに過ぎないわけですよ。

 

でも、当然そのままでは絶対に飛躍できなくて、その殻をぶち破っていかないといけない。

 

そのために重要なのが、本気になること。

 

プライドをすべて捨てて、格好悪くても、情けなくても、そんな本当の自分をさらけ出せるか?

 

なりふり構わずやれるか?

 

菅井さんは時に生徒を激しく叱咤することで生徒を本気にさせてるなーと思いましたね。

 

最初は自分をなんとか取り繕おうとしていた生徒たちの仮面が菅井さんによってどんどん剥がされて行って、感情むき出しになって行って、とてつもないエネルギーを発揮してるんですよね。

 

これが限界を突破するということです。

 

【菅井先生の指導の様子がわかる動画はこちら】

 

 

今回はこの動画を見て僕が思ったことを話して行きたいと思います。

 

多くの人は失敗が怖くて本気になれていない

 

多くの人は失敗することを「怖い」と思います。

 

もちろん僕だってできることなら失敗したくありません。

 

でも、それは無理なんです。

 

「何もできない」自分から、理想の自分に近づくということは、その「何もできない自分」と嫌というほど向き合うということだから。

 

そこには恥ずかしさや惨めさが、当然のように伴います。

 

まず、多くの人はこのフェーズをなかなか超えられません。

 

「失敗したくない」、つまり、未熟な自分と正々堂々と向き合わない理由を勝手につくり、行動しないのです。

 

しかし、それでは本末転倒ですよね。

 

たとえば、ナンパで言えば「声をかけない」というのもそうです。

 

声をかけれないことを「地蔵」と言いますが、なぜ、声をかけられないのかと言えば、それは失敗するのが怖いからです。

 

もし女の子にガンシカされてしまったら?

もし会話が全然続けられなかったら?

もし女の子に嫌われてしまったら?

 

行動すれば、そうした、「失敗」を経験する確率が少なからず上がるわけですから、だったら声掛けないでおこうと思うわけですね。

 

みんな女の子にガンシカされる自分を認めたくないのです。

 

女の子と上手くしゃべれない自分を認めたくない。

女の子に嫌われる自分を認めたくない。

失敗を認めたくない。

 

行動しなければ「俺、本当は喋りうまいからな」とか言うことができるから。

でも、そういう現場に直面した時に俺全然喋れないとかなったりする。

つまり、本当の自分を受け入れて、そこを変えない限りは何も変わらないということです。

 

大事なのは、失敗した時に「もうダメだ」と思うのではなく、

「うわ、できてると思ってたけど全然できてねー!
こりゃあ伸び代がいっぱいあるぜ!」

 

ってポジティブに捉えることですね。

 

最初できないことには何も問題ないのです。
だって今までやってなかったんだから。

 

確かに生まれてこの方女の子と話したことがない、という人は少ないと思いますが、ナンパって特殊なんですよね。

 

一切繋がりのない、見ず知らずの女の子に声をかけるわけですから、上手く話せないのが当たり前です。

 

でも、「女の子と話す」ってところは多くの人が今までしてきてるので、ナンパしてガンシカされたり上手くしゃべれなかったりするとすげー落ち込むわけです。

 

俺はこんなにも女の子と話せないのか・・・と。

 

このショックに耐えられない人はナンパをやめてしまいます。

 

ナンパをすればするほど自分がたいして女の子としゃべれないことが明らかになって、

むちゃくちゃプライドが傷つけられるからです。

 

嫌ですよね。苦しいですよね。目を背けたくなりますよね。

 

でも、僕はそれを知ることこそが成長に繋がると思うんです。

 

僕も昔はめちゃくちゃプライド高かったです。

 

「俺は本当は女の子としゃべれるんだぜー」とか。

 

意味不明なことを言ってましたw

 

今思うと本当に意味不明です。そんなわけないのに。

 

行動してないとそういう去勢を張るようになってしまうんですよね。

 

本気出せば俺はできるから!みたいな。

 

じゃあやれやって話なんですが。笑

 

こんなプライド高い自分のせいで、僕は20年以上まともに恋愛をすることができなかったどころか、せっかくの成長するチャンスをすべて棒に振りました。

 

今考えると超もったいねーーーって話です。

 

20年てめっちゃ長いですよ。本当に。

 

生半可なプライドに拘っていてもいいことなんで一つもない。

 

むしろ、限られた人生の時間を無駄にするだけだ。

 

そのことにようやく気づいた僕は、そんなクソしょーもない自分から抜け出すために、プライドを捨てました。

 

プライドを捨てて、街に出て、女の子に声を掛けまくりました。

 

そうしたら、ガンシカもたくさんされたし、「キモい」って何度も言われたし、軽蔑されたり、冷たい一蔑を食らったり。

 

ここまで来るといよいよ「全然女の子にモテない自分」を認めざるを得ません。

 

でも、はじめて「モテない」のを心から認められたからこそ、素直に「モテるための努力」をしようと思えました。

 

ナンパのいいところは、やってれば絶対上手くなるということです。

レジの接客だってそうですよね。

 

最初は元気よく挨拶するのも自信ないですけど、だんだん会話のパターンを覚えていくから、最終的にそれが無意識まで落ちて、何の苦もなく接客できるようになります。

 

ナンパが上達する原理もこれと全く同じで、大事なのはよくある会話のパターンを覚えること。

 

ナンパが上手い人は全部アドリブでセリフをポンポン編み出してるんじゃありません。

 

過去にあった同じようなシチュエーションを思い出して、その時の会話を使い回してるだけなのです。

 

あと、声を掛けて嫌われるのが嫌だという人がいますが、言うてそんなに嫌われません。

だってそもそも急に話しかけてきたどこぞの馬の骨とも知らない奴に関心ないですから。

 

だから、ぜひ気軽にやってみましょう。

 

今まで声をかけしたことのない人は、声掛けするだけで一歩前進です。

 

とゆうか、失敗しただけで一歩前進。なんですよね。

 

だって今まで失敗すらしたことなかったんですから。

 

100回告白して、100人にフラれた人ってどう思いますか?

 

僕はすごいと思うんですよね。

 

それだけ告白する人なんて普通いないんで、めっちゃ実績じゃないですか。

しかも、それで101人目で付き合えたら、それってすごいストーリーですよ!

 

同じようにモテない人をめちゃめちゃ勇気づけられます。

 

 

 

日本人のほとんどは失敗したくないと思って日々生きてます。

 

でも、本当はみんな失敗してるやつをカッケーと思ってるんですよね。

 

少なくとも僕は焦りを感じます。

 

ナンパ指導を通して、ぜひ日本に「失敗した人が尊敬を集める文化」を作りたいですね。

 

 

たいこう

恋愛を制するものは人生を制す

 
僕は23歳から女性にモテる能力を高める『鍛恋活動』を始め、
これまで累計100人以上の女性とベッドを共にしてきました。
 
そう言うと
 
「お前はどうせもとからイケメンで、
しゃべるのも上手かったんだろ?」
 
と思われるかもしれません。
 
ただ、僕はもともと女性にモテていたわけでも、
イケメンだったわけでも、
ましてやしゃべるのが得意だったわけでもありません。
 
むしろ真逆。
 
スポーツや勉強、すべてが平凡で自信のない、
ただのコミュ障。
 
おまけに23歳まで彼女ナシ、素人童貞という
吉粋の『非モテ男子』でした。
 
ただ、そんな僕も今では
モデルや女優のような美しい女性とデートやセッ○スを存分に楽しめるようになりました。
 
そして、誰もが羨む美女を彼女にでき自信がついたことで、
今ではモテるだけでなく独立起業することにも成功しました。
 
恋愛もビジネスも結局は
「慣れ」なんですよね。
 
美女と話すことに慣れて、
どんな時でも男らしく堂々と振舞えるようになれば、
誰でも必ずモテるようになるということです。

 
そこで、もしあなたが女性問題を解決し、
人生を変えることに興味があれば、
 
僕たいこうが雑魚過ぎたメンタル(=「心体力」)を鍛え直し、
過去のひどすぎた女性コンプレックスを解消した過程を公開しているので
下記の記事をぜひ読んでみてください。
 
23歳素人童貞からモデル級美女を彼女にし、100人切りを達成できた僕たいこうの理念
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
下記画像をクリックして『鍛恋道場入門編』の詳細を見てみる
ccmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA