【前編】ネットナンパアポ!「ペアーズいいね1000超えの子」と会ってきました

こんにちは!

GWも終わっていかがお過ごしでしょうか。

自分とは言うと、このナンパに適しすぎている気候を生かし

 

 

 

 

 

そんなにナンパしていませんでしたw

 

仕事が忙しかった、という最もらしい言い訳ですがw

 

日本一のマーケットを誇る新宿で働いているにも関わらず全然でれていないのは、

もったいないの一言に尽きますよねw

 

ということで今日はこれから新宿に繰りだすわけですが、
先日行ったアポの振り返りをしてから行きたいと思います。

 

 

とある日の某日。
会社の同僚の結婚式を終えて横浜へ。

 

まだ冬の寒さが身にしみる。

一人の女の子と18時頃待ち合わせ。

 

だいたい女子とアポるときは17時〜18時頃など早めの時間が多いですね。

 

ラブホ打診なりするにも相手の終電グダもなくなりますし、

失敗してもそこからナンパすればいいので、この時間帯のアポが多めですw

この子とのアポはストリートでなく出会い系アプリペアーズで取り付けました。

 

※ペアーズとは
Facebookアカウントと連携してできる出会い系アプリ。
Facebookには利用している投稿は表示されない。
20代後半〜30代前半の利用者が多い出会い系アプリの一つ。

女性とメッセージするには、女性にいいね!をしてそれを相手が承認するとメッセージができるようになる仕組みです。
月2980円くらいからできます。
気になる方はどうぞ。

この子のいいね数(男性からいいねをもらっている数)は月間で1000を越えていましたが、
マッチングするためにトップ写真に加工を加えたり自分のいいね数を増やして何とかメッセージまではこぎつけました。

 

メールも相手は短文で返してくる子だったので、それに合わせて短めの文章を意識。

 

途中日も合いたり、色々ありながらも一ヶ月くらいのやりとりでアポを取りました。

 

18時

友人の結婚式が神奈川だったため横浜で待ち合わせ。

 

相手のデータ

【名前】脇汗子
【年齢】19歳
【職業】専門学生
【体型】細身
【備考】高校の頃はチアダンス部!地方から来たピチピチの子

 

会ったのは確か土曜の夜でしたが、お店とか全然予約してませんでしたw

 

しかも横浜久々なので、適当に飲食店街歩いて、大手チェーン店に入店!

混んでる時は、だいたい大手居酒屋入ると空いてるのでおすすめです。

 

18時半頃

近況トーク
まずはアイスブレイクとラポール構築。

 

話のネタはメッセージでやりとりしていたことを中心に展開。

 

住んでるとこ、学校の状況、なんでこっちにでてきたのか、具体的にどんな勉強をしているのか…

など、ここらへんは適当に話していればなんとかなりますよねw

 

19時過ぎ頃

相手の興味関心を探るトーク
色々話題を振りながら、どの話題を中心にするか探る

 

恋愛、学校、将来のこと…どの話題を振っても、基本的にべらべら話すタイプの子ではなかったです

 

しかし、結構笑いのツボが浅くなんでもよく笑う子だなーという印象くらいしか分析できずw

 

19時半頃
ペアーズトーク
※ペアーズトークとは
出会い系をやっていると一番気になる、相手がどのくらいの男子を会ってきたのか、どの程度の人とやりとりをしてきたのかを探る、個人的には一番楽しみなトークの時間^^

 

おれ「今まで何人と会ってきたの?」

 

汗子「3人位かなー^^」

 

おれ「意外と少ないんやね。あれだけいいねもらってるのに」

 

汗子「でも実際メッセージする人なんて10人くらいだし、あと、会うのにも慎重になる」

 

おれ「そんなもんか。今まで会ってきた中で変な人とかいた?」

 

汗子「いたよー^^メッセージしてたときは普通の人だと思ったのに、会ってみると超挙動不審な人とかw」

 

おれ「それはなんか怖そうやなw」

 

などなど、メッセージでは普通の人を装うのが良い模様です!

 

19時半まで話した印象

 

 

 

 

 

 

 

 

めっちゃ普通に話してしまった(´Д` )

このままでは普通に飲んでしまって終わりだわ…

 

そのことに気づいた僕は一度トイレに席を立ち、起死回生に向けて気合を入れ直し作戦を練るのだった。

 

後半へ続く。

恋愛を制するものは人生を制す

 
僕は23歳から女性にモテる能力を高める『鍛恋活動』を始め、
これまで累計100人以上の女性とベッドを共にしてきました。
 
そう言うと
 
「お前はどうせもとからイケメンで、
しゃべるのも上手かったんだろ?」
 
と思われるかもしれません。
 
ただ、僕はもともと女性にモテていたわけでも、
イケメンだったわけでも、
ましてやしゃべるのが得意だったわけでもありません。
 
むしろ真逆。
 
スポーツや勉強、すべてが平凡で自信のない、
ただのコミュ障。
 
おまけに23歳まで彼女ナシ、素人童貞という
吉粋の『非モテ男子』でした。
 
ただ、そんな僕も今では
モデルや女優のような美しい女性とデートやセッ○スを存分に楽しめるようになりました。
 
そして、誰もが羨む美女を彼女にでき自信がついたことで、
今ではモテるだけでなく独立起業することにも成功しました。
 
恋愛もビジネスも結局は
「慣れ」なんですよね。
 
美女と話すことに慣れて、
どんな時でも男らしく堂々と振舞えるようになれば、
誰でも必ずモテるようになるということです。

 
そこで、もしあなたが女性問題を解決し、
人生を変えることに興味があれば、
 
僕たいこうが雑魚過ぎたメンタル(=「心体力」)を鍛え直し、
過去のひどすぎた女性コンプレックスを解消した過程を公開しているので
下記の記事をぜひ読んでみてください。
 
23歳素人童貞からモデル級美女を彼女にし、100人切りを達成できた僕たいこうの理念
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
下記画像をクリックして『鍛恋道場入門編』の詳細を見てみる
ccmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA