【ジムナンパ→彼氏持ち24歳ナース準即】ナンパからアポの取り方まで丁寧に解説‼︎

こんばんは。

たいこうです。

 

暖かくなったと思ったら急に冬のように寒くなったりと三寒四温な日々が続きますね。

 

皆さん体調崩さずナンパできてますか?

 

僕はというとね

 

 

絶賛花粉症&謎の首の痛みにやられています(ノД`)

 

去年花粉症は克服したと思ったんですけどね、また今年症状でてきて苦しんでますw

 

あと一番体調崩しやすいのって、寒い日ではなく気温差がある日なんですよね。

昼間暖かいのに夜はクソ寒いとか。

 

僕も2年前、2月終わってインフルエンザのピークも過ぎてもう大丈夫だと油断したところにインフルエンザになりましたw

 

春の兆しが見え、少し浮き足立つ3月こそ最も体調を崩しやすい季節なのです(`・ω・´)ゞ

 

皆さんも気をつけましょう。

体調崩すとナンパはおろか通常生活もままならないですからねw

 

今日はそんな体調を崩さぬ強い体を作るために通い始めたジムでもナンパできるんだよ、という、そんなお話です。

 

 

 

目次

 

ジムナンパ-声かけからバンゲまで-

LINEのやり取り-最初の一通目の送り方-

LINEのやり取り-アポ打診から確定まで-

初めてのジムアポの陣-まずはジム→カフェへ場所変えを目指す-

初めてのジムアポの陣-カフェ→自宅へ誘導する作法-

 

 

ジムナンパ-声かけからバンゲまで-

 

この日は土曜日

 

週末の疲れもありながら重い体を起こしてまずは毎週2日は通うジムへ。

 

 

ジムではとくに髪型をキメてるわけでもありません。

この日は髭も剃っていません。

完全に気が抜けている状態です。

 

あ、ちなみにトレーニングウェアは気を配っています。

上も下もadidasですね。

 

特に意味はないんですが、トレーニングウェアを真剣に選ぶと意識も高まります。

僕が来ているはちなみに下記。

 

 

色はオレンジです!

これを着ると二の腕も露出するため、意識が高まってトレーニングに気合が入るようになります。形から入るタイプですねw

 

この日もデッドリフト、ベンチプレス、スクワットと淡々とメニューをこなしていきます。

 

そして筋トレも一息、水分補給をしに休憩スペースへ行くと

 

 

 

 

!!

 

なんとそこに音楽を聴きながら休憩しているムチムチの子がいるではありませんか。

 

皆さんはこんなときどうしますか?

 

・とりあえず様子を伺う

・声をかけず休憩に入る

 

いろいろありますが、僕は声をかけました!

観察の結果、特に何かフレーズが思いついたわけでもありません。

 

でも、とにかく声をかけましょう!

 

「ジムにはよく来るんですか〜?」

 

捻りもユーモアもありません。

でもブログやツイッターを通して何度もお伝えしている通り

面白い声かけ1回<特に捻りはないけど声をかける10回

 

の方に価値があります。

また一番大切なのは声かけの内容<自然体で声をかけること

 

です

 

※ポイント❶

自然体で呼吸するように声をかけよ

 

「あ、はい^^普段は全然来ないんですけど今日はたまたま^^」

 

「そうなんだー!土曜日いつも来てるんだけど確かに初めて見た気がする」

 

「休みがシフト制なので不定期なんですけどなるべく週1回は来るようにしてるんです^^」

 

「偉いねー。てかめっちゃ汗かいてる笑 暑いよねここ」

 

「いやあ><さっきまでランニングマシーンいたんですけど汗っかきなんです><」

 

こんな感じで、声かけたら思いの外反応がよく話が弾みました!

反応悪かったら適当に切り上げて筋トレ戻ろうとしましたが、予定変更!

 

バンゲ→アポの流れを作りにいくことを決めてトークを続けます。

 

「ランニングマシーン以外は何かやらないの?」

 

「機具の使い方よく分かんないんですよ><」

 

「難しいことないのにw機具を動かせばその分筋力が鍛えられるよ!」

 

「なんかハードル高いんですよね><」

 

「そしたら今度教えてあげるよ!」

 

んでLINEをゲット!

トークのヒアリングから、自然な流れでアポにつなげる→バンゲの流れを作りました。

 

決してバンゲが目的になってはダメですよ?

とりあえずバンゲ×

会う理由を作ってバンゲ○

 

今回で言うところの会う理由が「筋トレの仕方を教えてあげる」→「だからLINE教えて」だったわけです。

 

 

 

LINEのやり取り-最初の一通目の送り方-

 

ただし今回のバンゲでもミスが一つありました。

さあ、果たしてなんでしょう?^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それはアポの日程を決め忘れていたこと!

 

会う理由を作ったまでは良いものの、いつ会うのかまでを決めていませんでしたw

実際に日程調整試みて、それでダメならともかくそもそも打診をしていないのでダメですねw

今回はジムでのナンパということもあり、忘れていましたw

 

しっかり和めている場合はアポの仮日程だけでも決めちゃいましょう

 

※ポイント❷

バンゲの後は更に和んでアポの仮決めを目指せ

 

アポの仮決めができると、わざわざLINEのやり取りで日程調整しなくていいので楽です。

 

「明日で大丈夫だよねー?」

 

このLINEだけで済みます。

もちろんそんな簡単にいかないことも多々ありますがw

 

 

 

そんな忘れてしまったアポ取りを、今回はLINEのやり取りで詰めていきます。

 

 

 

やり取りする上でまず最初に意識することは

アポをとる<やり取りのラリーをする

こと!です。

 

※注意※

ただしバンゲしたときの温度感にも寄ります

 

今回は完全に和めているか微妙だったので、まずはやりとりできる温度感にあるかどうかを確認しにいきました。

 

その際に選ぶ話題は「トークで話していたことの延長線」であると反応が得られやすいです。

 

つまり、バンゲするときは次にやり取りする話題まで気を配ることで、その後のLINEのやり取りもスムーズになります

 

※ポイント❸

バンゲ後はその後のやり取りも意識してトークを組み立てろ

 

具体的には

・バンゲした後何をしにいくのか

・普段バンゲした場所に来る頻度

・その人の忙しさ、生活リズム

 

他にもいくらでも出てきますが、上記のようにその子の属性や直近の具体的な予定を把握することで、その後やり取りからアポまでをスムーズに完結できるよう意識しています。

 

今回はバンゲ後にまだトレーニングを続けていくとのことだったので上記のようなLINEを最初に送りました

 

 

 

LINEのやり取り-アポ打診から決定まで-

 

何通かラリーしたので、早速アポ打診に入ります。

早くもアポの打診に入れるのは、トークの時点ですでに次のアポを約束しているから。

 

むしろだらだらとラリーが続いてしまうと、女の子もアポの約束忘れてそのまま流れてしまうことがザラにあります。

 

ラリーを続けたら、早い段階でアポの打診を放り込んでみましょう!

 

ここでも、トークからアポ取りまで、流れに一貫性を持たせることが重要になります

 

※ポイント❹

トークからアポ取りまで、流れに一貫性を持たせてスムーズに話を進めよ

 

で実際のやり取りはこんな感じ。

 

 

早速打診→断られる→和みLINE→既読スルー

 

再度打診→アポ仮確定

 

です。

 

最初は雑に「今日ジム行くよ」と打診してしまいましたw

これはよくないですねw

確実にその日にアポが取れそうならこの打診でもOKなんですが、この時点ではまだ相手の安いなどもまったく分からない状態なのでw

 

そしてその後の和みLINEもスルーw

 

一旦時間を空けて再度打診は「今日」など限定せず「今週」と幅を持たせて打診!

 

こうすると空いている日程を聞きやすくなります

 

※ポイント❺

相手の状況が読めないうちは幅を持たせた日程打診を!

 

こうしてアポの日程が確定しました

 

 

 

初めてのジムアポの陣-まずはジム→カフェへ場所変えを目指す-

 

さあアポ当日。

初めてジムで筋トレアポを取りましたw

 

 

元気に登場しましょう!

 

「テクテクテク(ランニングマシーンを歩く彼女)」

 

「よ!お疲れー!」

 

「あ^^こんにちはー^^」

 

「だいぶ歩いた?」

 

「いや、ちょうど10分前くらいに歩き始めたばっかです^^」

 

まず最初の和みは一旦休憩スペースへ。

 

近況トークから入ります。

 

・こないだ話してから今まで何していたか

・ジムにはそれから何回か来ていたのか

・そもそもなんでジムに入ったのか

 

など、近況から話を膨らませてラポール構築を狙います。

 

その後今回のアポ目的だった筋トレスペースへ。

 

・筋トレの器具の使い方

・ダンベルの使い方、各部位の鍛え方

 

を一通り説明しましたが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれ、あんまり筋トレの話興味なさそう(゜∀゜)

 

 

 

と会話のやり取りで判断。

興味がない会話を続けても意味ないので、ベンチに腰掛け再び和みトークに入ります。

 

・彼氏あり

・24歳

・上京5年目

・趣味は料理

 

話好きの子でどんな質問にも愛想よく返してきます。

 

筋トレを教えてあげることをフックにアポを取りましたが、もう十分和んだしここを出て良いタイミングです。

 

「てか、ここで話すのもあれだし、近くでお茶でもしない?」

 

でOK!

 

ジムをでて自宅近くのコンビニへ向かいます

 

※ポイント❻

トークで最も重要なのは相手の反応を優先して臨機応変に対応するこ

 

 

 

初めてのジムアポの陣-カフェ→自宅へ誘導する作法-

 

自宅近くのコンビニへ到着しました。

 

 

最近のコンビニはイートインスペースがあっていいですねー!

 

近い将来カフェアポではなく、コンビニアポが違和感なくできる日が来ることでしょう。

 

3席しかないイートインスペースもこの日は空席。

 

コーヒーを買って再度トークに臨みます。

 

基本的なトークは終わっているので、深い話メインでここからは進めます。

 

・彼氏がどんな人か

・今までどんな人と付き合ってきたか

・将来どんな人と結婚したいか

 

など恋愛系の話を中心に進めました

 

※ポイント❼

徐々に恋愛メインの深い話に切り替えろ

 

なんで恋愛話をするのかというと、

・女性にとって重要なテーマであることが多い

・彼氏の話からどんなタイプの人と付き合ってきたかを分析する

・深い話、悩みを話せる=深い信頼関係の構築になる

 

からですね。

 

今回では「彼氏が年下で、仕事もあまり長く続かず親も交際に反対している」という話を引き出せたのがキーポイントでした。

 

そこに対しては

・まず話を遮らず共感する

・その上で彼氏に対しては肯定的な意見を述べる

で対応しました。

 

こういうネガティブな話をされても、自分までその彼氏を否定したりネガティブな話をするのではなく、少しでもまずは共感して前向きになれるよう促しましょう!

 

ある程度深い話もできたので、そろそろクロージングです。

 

話から料理好きであること、僕が引越しの準備をしていることなどは既に話をしていました。

あと、僕は花粉症がひどいんですがその症状もそろそろ限界です。

 

彼女の発言から家打診にスムーズにつなげるように打診します。

 

「てか、おれの家見ていかない?キッチンとかもある程度広いし。」

 

「えー、どんくらい広いの?^^」

 

まず冗談っぽく打診して、それに対して相手がどんな反応をするかを見ます。

今回は打診に対して否定的なリアクションを彼女は取りませんでした。

 

さあ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イケるでしょヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

 

 

 

「うん。じゃあそろそろ一旦家行くかー。鼻かみたいし(これは本音)」

 

んでお家にin

 

 

で準即完了!

 

しました。

 

行為中

 

「中にだして」

と言わせて初めて中田氏しました。

 

2回戦も口で全部してもらい

とってもエロかったです。

 

ポイントまとめ

 

※ポイント❶ 自然体で呼吸するように声をかけよ

 

※ポイント❷ バンゲの後は更に和んでアポの仮決めを目指せ

 

※ポイント❸ バンゲ後はその後のやり取りも意識してトークを組み立てろ

 

※ポイント❹ トークからアポ取りまで、流れに一貫性を持たせてスムーズに話を進めよ

 

※ポイント❺ 相手の状況が読めないうちは幅を持たせた日程打診を!

 

※ポイント❻ トークで最も重要なのは相手の反応を優先して臨機応変に対応すること

 

※ポイント❼ 徐々に恋愛メインの深い話に切り替えろ

 

今回は以上です。

 

ではではー!

 

 

恋愛を制するものは人生を制す

 
僕は23歳から女性にモテる能力を高める『鍛恋活動』を始め、
これまで累計100人以上の女性とベッドを共にしてきました。
 
そう言うと
 
「お前はどうせもとからイケメンで、
しゃべるのも上手かったんだろ?」
 
と思われるかもしれません。
 
ただ、僕はもともと女性にモテていたわけでも、
イケメンだったわけでも、
ましてやしゃべるのが得意だったわけでもありません。
 
むしろ真逆。
 
スポーツや勉強、すべてが平凡で自信のない、
ただのコミュ障。
 
おまけに23歳まで彼女ナシ、素人童貞という
吉粋の『非モテ男子』でした。
 
ただ、そんな僕も今では
モデルや女優のような美しい女性とデートやセッ○スを存分に楽しめるようになりました。
 
そして、誰もが羨む美女を彼女にでき自信がついたことで、
今ではモテるだけでなく独立起業することにも成功しました。
 
恋愛もビジネスも結局は
「慣れ」なんですよね。
 
美女と話すことに慣れて、
どんな時でも男らしく堂々と振舞えるようになれば、
誰でも必ずモテるようになるということです。

 
そこで、もしあなたが女性問題を解決し、
人生を変えることに興味があれば、
 
僕たいこうが雑魚過ぎたメンタル(=「心体力」)を鍛え直し、
過去のひどすぎた女性コンプレックスを解消した過程を公開しているので
下記の記事をぜひ読んでみてください。
 
23歳素人童貞からモデル級美女を彼女にし、100人切りを達成できた僕たいこうの理念
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
下記画像をクリックして『鍛恋道場入門編』の詳細を見てみる
ccmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA