キャバ嬢とデート中に美女美容部員をナンパして連れだし!@新宿

こんにちは、こんばんは

 

たいこうです。

例えば皆さんは女性とデートしていて「やべ、この子よりもあっちの子の方が可愛い!」と思ってついついその場で声をかけてしまったことはありませんか?

 

ありませんよね。

 

でもこの世の中、何が起こるか分からない時代です。

デート中であろうとなんだろうと、出会いは突然、不意にやってくるものですから。

 

今回はまったりデート中で気が抜けている、かつ仕事終わりなので疲れている中でも時間を有効に活用して美女を連れだした音声になります。

 

シチュエーション:ナンパしたキャバ嬢とお茶&家電の買い物付き合うアポ中、家電の郵送手続きが長かったためその間暇だったため外にでてナンパ→1声かけ目で連れだし

 

場所:新宿

 

となっています。

 

とても疲れていた、かつその日一発目の声かけだったので、テンションは高くないですねw

それでもなんとか粘って連れだした音声です。

 

詳細は下を聞いてもらえれば!

 

音声

 

 

 

 

ポイント

 

・トークの基本構成は相手の反応突っ込む→和むの繰り返し

 

ナンパしてると「なんて声かけていいか分かんない」というのが特に初心者ではあると思います。

僕も今回は第一声目ということで、頭も回ってなく特に何も浮かんではいませんでした。

 

バッグを3つくらい持っていたので、なんとなく「バイト帰りっぽいな」と思いそれを最初に持ってきたまでです。

 

その後は「すげー疲れてそうw」と相手を観察して反応を突っ込んでますよね。

 

そこから仕事帰り→すげー頑張ったねと話を展開して和み→話が止まったら突っ込んで和み

 

の繰り返しです。

 

・反応が悪くても粘る

 

↑のようなトーク構成は基本と言っても、そんな簡単には型にはまりませんw

40秒〜2分57秒くらいまではほぼ相手からの質問はないですねw

 

相手が歩く方向

身近にあるもの(このときはルミネ)

自分が喉かわいてること

残業の話

 

など目まぐるしく話題を変えて会話成立を頑張っている段階です。

そして反応の薄い相手のリアクションを丁寧に拾っていく作業です。

 

・押しに弱そうと判断したらやや強引に誘導する

 

この子は話題に対してあまり自分の意見を言ってこない=自己主張が強くないタイプです。

かつ仕事終わりというのもあり、頭もあまり働いていない状態です。

 

そこは多少強引に誘導しつつ、和みトークを挟んでラポールを築く。

これでほぼ連れだしは確定できます。

〜3分くらいの段階まででほぼ連れだしは決まってますね。

 

打診に対しても相手の拒否反応が弱いことが、聞いてみれば分かると思います。

 

後のグダは形式グダなので、和んで理由づけすれば連れだし完了です。

 

皆も隙間時間はネトナンでもストナンでもして有効活用しましょう!

 

ではでは^^

 

たいこう

 

恋愛を制するものは人生を制す

 
僕は23歳から女性にモテる能力を高める『鍛恋活動』を始め、
これまで累計100人以上の女性とベッドを共にしてきました。
 
そう言うと
 
「お前はどうせもとからイケメンで、
しゃべるのも上手かったんだろ?」
 
と思われるかもしれません。
 
ただ、僕はもともと女性にモテていたわけでも、
イケメンだったわけでも、
ましてやしゃべるのが得意だったわけでもありません。
 
むしろ真逆。
 
スポーツや勉強、すべてが平凡で自信のない、
ただのコミュ障。
 
おまけに23歳まで彼女ナシ、素人童貞という
吉粋の『非モテ男子』でした。
 
ただ、そんな僕も今では
モデルや女優のような美しい女性とデートやセッ○スを存分に楽しめるようになりました。
 
そして、誰もが羨む美女を彼女にでき自信がついたことで、
今ではモテるだけでなく独立起業することにも成功しました。
 
恋愛もビジネスも結局は
「慣れ」なんですよね。
 
美女と話すことに慣れて、
どんな時でも男らしく堂々と振舞えるようになれば、
誰でも必ずモテるようになるということです。

 
そこで、もしあなたが女性問題を解決し、
人生を変えることに興味があれば、
 
僕たいこうが雑魚過ぎたメンタル(=「心体力」)を鍛え直し、
過去のひどすぎた女性コンプレックスを解消した過程を公開しているので
下記の記事をぜひ読んでみてください。
 
23歳素人童貞からモデル級美女を彼女にし、100人切りを達成できた僕たいこうの理念
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
下記画像をクリックして『鍛恋道場入門編』の詳細を見てみる
ccmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA