鍛恋-ナンパで恋愛を制するものは人生を制す

【有楽町ナンパ→ダンサー準即】連れだし→最短で相手の心を掴む

この記事は9分で読めます

こんばんは!

 

たいこうです。最近夜寝るのが2時過ぎになることが習慣化してきた僕です。

特に忙しいとかではないのですがw

 

昔はかなり睡眠時間にこだわっていて、23時頃に就寝するのが常でした。

5時半くらいに目覚めてかなり充実していましたが、一度プリズンブレイクという有名なドラマにはまったおかげでもれなく夜更かしの癖がつきましたw

 

一度堕落するとリズムを戻すのが本当に大変なんですよねw

 

ということでだらだら起きず睡眠時間を再び取り戻すべく、ブログも質は保ちつつ短い時間で書くというのをやってみたいと思います^^

 

簡単に読めるように、この記事で伝えたいことのポイントを最初にまとめておきます。

 

目次

 

今回のゲットのポイントまとめ

 

その日の調子が悪くても連れだす

 

一度目の連れだし→最短で心を掴む

 

 

 

今回のゲットのポイントまとめ

 

※ポイント❶ 調子が悪い時でも慌てない。他のことをして気を紛らわす。

 

※ポイント❷ 知らない話題を知ったかぶると痛い目にあう

 

※ポイント❸ 巨人の菅野は1989年の28歳。年下興味ないグダを食らわないように気をつけよ

 

※ポイント❹ 粘る時は手を変え品を変えよ

 

※ポイント❺ 銀座でナンパするならせめて長ズボン履いてビシッとしていけ

 

※ポイント❻ ダメな時はどう頑張ってもダメだし、あっさりいける時はあっさり連れだせる

 

※ポイント❼ 女性の前では常に紳士であれ(大嘘)

 

※ポイント❽ カッコつけるのを諦めた時、運が味方する

 

※ポイント❾ どうでもいい話を女性がしてきたら、心を開いているチャンス

 

※ポイント➓ 敢えて放流することで漢の余裕を見せつけろ

 

 

 

その日の調子が悪くても連れだす

 

土曜日20時頃

 

この日は完全に服装を間違えましたw

 

夏なのに寒かったこの日。

僕はボーダーの半ズボンにネイビーのTシャツという、明らかに場違いな服装をしていました。

髭もそってませんw

 

遊んでそうと言われることの多いこの見た目。

スーツで挑めばかなり好反応を得られる有楽町でも、あれよあれよとガンシカorほぼ反応なしの嵐w

 

一回帰って服着替えてー

 

なんてこと思いながらも、時間がもったいないのでそのまま続けますw

 

というより、この日は半袖半ズボンだとえらく寒い日でしたw

 

テンションも落ちてきますw

 

こういう時は無理せずマルイやルミネ、本屋で気を紛らわしながら、マイペースに声かけするといいですね。

 

もしくはひたすら街を歩いて人間観察して、自分哲学してると不思議と声をかけたくなってきます。

他にも、音楽聞いたりするなど、自分独自の方法を模索してみてください。

 

※ポイント❶

調子が悪い時でも慌てない。他のことをして気を紛らわす。

 

ということで、調子が悪いながらも声かけ自体はテンポよく行っていきました。

僕くらいになると、調子が悪くてもそんなに気になりませんw

むしろ逆にテンション上がって楽しくなってきます。

 

さて、テンション上がって楽しくなってきたら意識することがもう一つ。

それは「粘り」です。

 

ナンパ、最初からめちゃくちゃ反応がいいことなんてあまりないですよねw

あるわ!ていう方いたらすみませんw

 

それほど反応が良いわけではないけど、無視ではなかった。

その反応を拾い、広げ、徐々に会話を弾ませていく。

気づいたら付いてきてしまっていた。

 

こう女子に思ってもらう必要があります。

 

声をかけた時点では相手の性格や考え方などは分かりません。

自分の立ち居振る舞いが相手に刺さらないことも多々あります。

 

だから、最初は多少反応が悪くともあの手この手話題を振って反応を広げていく働きかけが必要なのです。

 

多少反応が悪くて引いていたら、連れだせる確率もぐっと落ちてしまいます。

 

ということで、身体も心も暖まってきたら、粘りを意識してみましょう!

 

「こんばんは」

 

「ん?」

 

「とても可愛らしい歩き方してますね」

 

「いやーそんなことないですよ^^」

 

「そんなことある!周りから言われないの?」

 

「言われないですねw」

 

「マジかー、モデルかと思った。一般の人?」

 

「そうですよー」

 

「マジか、俺も一般の人だから仲間だね!だからちょっとそこのカフェ入らない?」

 

「入らないですw」

 

「まあまあ。てかこのグッズ何?野球好きなの(野球の応援グッズが鞄から見えたため)」

 

「はい、今応援行ってきた帰りです^^」

 

「マジかー、しかもジャイアンツファン!最近連勝して調子上がってきたよね(野球詳しくない)」

 

「そうですね〜」

 

「ほら、菅野とか最近調子いいじゃん(巨人詳しくない)」

 

「はは、野球好きなんですか^^」

 

「少年野球やってたからね!(これは本当)菅野も同い年だし応援してるんだ(これは適当)」

 

「あーそうなんですかじゃあ年下ですねw私年下興味ないんでw」

 

「いや、実は嘘。菅野何歳だっけ?本当はハンカチ王子と同い年なんよ」

 

「もういいんで私これから買い物して帰ります」

 

 

終了。

 

 

※ポイント❷

知らない話題を知ったかぶると痛い目にあう

 

※ポイント❸

巨人の菅野は1989年の28歳。年下興味ないグダを食らわないように気をつけよ

 

 

まあ結果的にはダメでしたが

 

これが粘りです!!

 

打診して断れても一度や二度では引かず、話題を変えて和む&ラポールを気づく働きかけを行う。

が正しい粘りです。

 

決して打診→打診→打診→…

にはならないように!

 

粘り強いではなくしつこい、の烙印を押されて終わります。

 

※ポイント❹

粘る時は手を変え品を変えよ

 

さて、有楽町の駅前から粘っていたら、いつの間にか銀座の真ん中まで来てしまいました。

 

 

有楽町方面まで戻るか。

と思ったその時

 

まるで銀座のホステスを束ねていそうなオーラのある女性を発見!

 

 

 

ということで、声をかけてみましょう!

 

「こんばんは」

 

「……(ちらっとこっちを見てからシカト)」

 

「お姉さんお姉さん、ちょっといいですか?」

 

「……ふ(見下すように笑うw)」

 

「お姉さん、今おれのことめっちゃ見下してますよね?w」

 

「あはははwいやいやそんなことないですよ」

 

「いやいや、嘘だと思うな〜」

 

「初めてこんなカジュアルな人に声かけられました」

 

「ですよね!おれも初めてこんなザ・ホステスみたいな人に声をかけましたw」

 

「今仕事中なので」

 

「あーぽいっすね。土曜日なのに仕事、お疲れ様でーす。でもたまにはカジュアルな人と仲良くなってみません?」

 

「あはは、ないですねー。それじゃ(ビルの入り口に入る)」

 

 

終了。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ばーか!

 

まあ、分からなくもないですけどねw

確かにこの時の僕、完全に少年のような格好していましたからw

 

※ポイント❺

銀座でナンパするならせめて長ズボン履いてビシッとしていけ

 

でも悔しいですよねー、あの見下した表情。

 

 

まあ、ああいう属性の女性はまた日を改めるとして、とりあえず有楽町方面へ戻ることに。

 

 

交差点渡る際に、チラッと目があいました。

メリハリのある、ふわふわ系女子!

 

ということで、声をかけてみましょう!

 

「こんばんは」

 

「はい?」

 

「いや、なんか目があったなーと思ったから」

 

「あはは^^確かに、一瞬目があいましたね^^」

 

「目が合ったんで、これも何かの縁!と思って急いで引き返してきたお」

 

「あはは^^」

 

「でも知ってた?目があうってお互いのことリスペクトしてる証拠なんだって」

 

「へー!初めて知りました^^」

 

「でしょ!だからお互いに敬意を持っている証としてお茶でもしようか」

 

 

こんな感じでコリドーまで並行トークで和ませ

 

あっさりスタバにin!

 

 

調子悪いながらもなんとか連れだしました!

 

※ポイント❻

ダメな時はどう頑張ってもダメだし、あっさりいける時はあっさり連れだせる

 

 

 

一度目の連れだしで勝負を決める

 

さて、連れだしを決めたらまずすべきこと。

それは席の確保と注文。

 

さあ、優しくそっと流れるように席に、そして注文も男が代わりに行ってあげるなどして、エスコートしましょう!

 

 

 

「あ、席ここでいいよねー」

 

ドサ

 

雑に荷物を置く。

 

 

「あ、注文行ってきていいよー。ここで待ってるから」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※ポイント❼

女性の前では常に紳士であれ(大嘘)

 

 

 

注文も終わり、お互い席につきました。

連れだしたはいいけど特に話すことが思いつかない、皆さんもそういう経験ありませんか?

 

いや、特に話題とか用意する必要はないんですけど、この日はほんと、疲れてたのか何も思いつかず、沈黙が流れます。

 

そんなときは、思いのままに言葉を投げかけましょう。

 

「入ったはいいけど、話すことないね( ´艸`)」

 

「うーん、じゃあ、今日は何してたの?」

 

 

 

 

 

 

なんと!

 

向こうから話題を出してくれました。

ラッキーですね。

これは突いてます。

否、ツイてます。

 

※ポイント❽

カッコつけるのを諦めた時、運が味方する

 

 

 

そんなこんなで会話をしていきました。

相手のナイス話題だしにより、僕も普通に話せるように。

 

結果的にはいつも通り

近況トーク→仕事トーク→恋愛トーク

に落ち着きました!

 

・27歳

・チアダンスやってた

・今はベリーダンス

・シェアハウス楽しい

 

この恋愛トークの切り替えタイミングなんですが、最近はよりスピーディーに移行できるようになりました。

 

ポイントは、相手が心を開いて来たタイミングで、とっとと恋愛話を降る。

こうすることで無駄話を長く取らず、恋愛トークに移行できます。

 

心が開いて来たタイミング=女子がどうでもいい話をしてきた時

 

です。

 

例えばですよ。

僕もあなたも、恐らく自分のこだわりや日々感じたこと、どうでもいいことって警戒した相手には開示しないと思うんですよ。

昨日仕事でこんな良いことがあった、大変な思いをした、こんな美味しいものを食べた、筋トレ頑張った、こんな趣味のこだわりがあって…etc

 

こういう一見どうでもいいことを、向こうが積極的に話した時、それは心を開いてきている証拠なんです。

 

この子の場合は、シェアハウスに住んでいたので、そこでの出来事やこだわりを、僕が質問せずともどんどん話してきた時、心を開いたと感じました。

 

好きでもない子のどうでもいい話は、はっきり言って聞いてて楽しくありません。

でもそこでつまらなさそうなリアクションをしてしまったり、話を遮ってしまったら、開いていた心を閉ざしてしまいます。

 

そこはぐっと堪えて話を聞き、その上で恋愛話をふっかけましょう。

心を開いた状態なら、過去の恋愛遍歴も包み隠さず話してくれます。

 

※ポイント❾

どうでもいい話を女性がしてきたら、心を開いているチャンス

 

 

 

はい、というこでこんな話をしていたら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相手が勝手に僕に食いついていました(`・ω・´)ゞ

 

何を持って食いつきと判断したかというと

・僕を見る目がキラキラしている/トロンとした表情になっている

・ボディタッチを嫌がらない

 

ですね。

この日のスタバは冷房が聞いていて寒かったので

「もっとこっちおいでよー」

と言って距離を近づけました。

 

頭も預けて来たし、かなり食いつきは良いものと捉えました!

 

本当だったら即っても良い頃合いです。

 

が!

 

しかしです。

問題もあったのです。

 

今回はいつもと違ってかなり誠実系でアプローチしてしまいました。

結婚観の話とかもしてしまいましたし、今更「結婚するなら身体の相性も大事だよね?ぐふふヘ(゚∀゚ヘ)」なんて言えるような状況でもありませんw

 

あと、有楽町なんでラブホとかないし、新宿の自宅まで来てもらうのもめんどくさいし…

 

ということで

 

 

 

 

 

 

この日は解散ヽ(;▽;)ノ

 

することにしました!

 

カフェでる→手をつないで駅まで→帰る方向一緒だったので最寄り駅まで帰る→放流

 

という健全解散ですね!

途中頭撫でたり頬を撫でたりしましたが、嫌がっていなかったので食いつきは十分でしょう!

 

そしたら案の定先方から逆アポ打診をいただきました。

 

画像

 

後日アポって飲み→さらに食いつかせて自宅→口内準即→後日ムラムラしたので終電前に急遽電話で呼び出し→準々即

 

でした!

 

雑にまとめると最初の連れだしで如何に食いつきをあげたか

食いつきをあげた状態で、敢えてクロージングせず放流する

 

ことで余裕さが伝わったのかと思います。

 

※ポイント➓

敢えて放流することで漢の余裕を見せつけろ

 

おかげでベリーダンスで鍛えたエロい身体をたっぷり堪能致しました(゜∀゜)

 

そんな感じで今回は以上です!

 

調子が悪くとも10人くらいに連続して声をかけていれば、一人くらいは天使ちゃんがいます。

この日は確か20人くらい声かけてやっと連れだせましたがw

 

案外、調子悪い時の連れだしの方が集中して結果につながりやすかったりするので

最後まで諦めず取り組んで欲しいと思います(`・ω・´)ゞ

 

くじけそうになったら、一報くださいw

 

手助けしますので。

 

それではー!

 

 鍛恋道場〜恋愛を制するものは人生を制す〜


恋愛スキルの紹介・習得方法・ナンパ音声送付・道場生限定特別対談音声・特別セミナーの告知・恋愛コラム・ナンパ最新情報などオリジナルコンテンツを配信中!今登録いただいた方には素人童貞でもモテる男になるための道筋が理解できるレポート「モテない男がモテる男になるためのステップ」を無料プレゼント中!










 著者プロフィール

たいこう

神奈川出身・東京在住。
23歳まで素人童貞だった非モテ男。このままじゃ男として0点以下の人生になると思い、一念発起して2011年にストリートナンパを開始。
ガンシカ・罵声・年下に舐められる等数多くの悔しい思いを経験。

それでも凄腕のナンパ師の助力や素晴らしい女性との出会いもあり、2014年に遂に自分が心から納得できる女性をゲット。理想の人と付き合うことの充足感を知る。

情報商材・本・恋愛コンサル・ナンパ塾等恋愛に投資額は100万円以上。
ストリートナンパ1000時間以上。

ナンパ活動を通じて、人生を前に進めるメンタルの強さ=「心体力」を鍛えることが人生の肝と悟り、一人でも多くの人生を前向きなものにするために現在活動中。

一人の人間として、男としての人生を最大限謳歌するためのサポートを全力でさせていただいております。

あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


著者プロフィール

たいこう

ナンパ師・スタイリスト・投資家
 
神奈川出身・東京在住。
23歳まで素人童貞だった非モテ男。このままじゃ男として0点以下の人生になると思い、一念発起して2011年にストリートナンパを開始。 
 
ガンシカ・罵声・年下に舐められる等数多くの悔しい思いを経験。

それでも凄腕のナンパ師の助力や素晴らしい女性との出会いもあり、2014年に遂に自分が心から納得できる女性をゲット。理想の人と付き合うことの充足感を知る。
 
情報商材・本・恋愛コンサル・ナンパ塾等恋愛に投資額は100万円以上。
ストリートナンパ1000時間以上。
  
またナンパ活動を通じて、 
人生を前に進めるメンタルの強さ=「心体力」を鍛えればどんな困難も突破できると確信。
 
営業の仕事でも 
毎月300万円以上売り上げることに成功。
 
現在は独立し
「心を鍛える」方法の伝授
「鍛恋ライフプロデューサー」として活動中。
 
「モテたい!」
「独立起業したい!」
「とにかく人生を変えたい!」

というクライアントを日夜サポートしている。

スポンサードリンク

RETURN TOP