8/9 個室連れだし→失敗

こんばんは!
開放的な夏なのに今夏は未だに対局ゼロのれんです。
先週木曜日は頑張って仕事の後有楽町でストってきました。
あまり時間がなく、20分くらいで5人程度に声をかけるという目標設定するも、他のナンパ師やキャッチも多くなかなか声がかけられないチキンっぷりを発揮w
それでも、最後の声をかけた人をカフェに連れ出せました。
女子データは
・25歳
・京都から現在彼氏のもとにきている
・彼氏とは破局の危機でその話し合い中
・遠距離恋愛で現在8ヶ月目
・モデルやガールズバーで働いている
・将来は子供に関する仕事に携わるのと、モデルなど趣味の仕事をするのが夢
・かなりスタイルが良い、細い
・この日はスッピン、肌荒れ中とのこと
くらいでしょうか。
声をかけた段階からそれほど反応は悪くなく、キャッチを勘違いされましたが、粘り強くナンパなんだと説得し、カフェ連れだしは最初拒否られたので、まずは近くのベンチ(といっても手すり)に誘導し、和みトーク。
笑いをとりつつ恋愛話を聞き出せたので、それがカフェ連れだしにつながったのかなと思います。
その後、彼氏の家に戻るために一度品川に行くとのことだったので、新橋まで一緒に歩こうと打診→OK
有楽町から新橋までは、途中おしゃれなお店がいっぱいある通りがあるので、そこで話しつつ新橋まで並行トーク。新橋に着くまでにアドレスゲットしときました。
新橋につくとケータイの充電がしたいとのことだったのでカラオケに連れだし!
30分で入室し、途中ギラつこうと思ったところでちょうどタイムアップ。
さらに30分延長を打診してOKがでるも、中途半端にギラついたせいで(手つなぎ肩らへんをボディータッチ)彼氏が待っているから家に帰ると言われてしまった。
その後メールのやりとりは多少続くものの、アポには至らず。
恐らくそんなに長くこっちにはいないので、もう難しいかなと思います。
今回の反省点は
・個室に連れだしたら早めにギラつく
→これはその人との状況による、今回は相手が京都から着ていて、いつまでこっちにいるか分からなかったこと。彼氏持ちであり、次につなげるのは難しいと早々に判断して早めにギラついておくべきだったと後悔。
・アドレスを聞けたのなら電話番号も聞いておく
→今回は向こうが充電がなく、アドレスだけ口頭で聞くのみに終わってしまった。その後のコミュニケーションを考えるなら、アドレスも番号も聞けたほうがベター。
うーん、モデルの可愛い女の子を即れたら相当レベルアップできただけにこのチャンスを逃したのは大きい。
そうそう、今年の夏(9月くらいまで)に即るという目標を立ててみました。
ナンパを始めてそろそろ1年になるし、経験していないのは即だけなので、節目にそれを達成したいと思います。
乞うご期待。

恋愛を制するものは人生を制す

 
僕は23歳から女性にモテる能力を高める『鍛恋活動』を始め、
これまで累計100人以上の女性とベッドを共にしてきました。
 
そう言うと
 
「お前はどうせもとからイケメンで、
しゃべるのも上手かったんだろ?」
 
と思われるかもしれません。
 
ただ、僕はもともと女性にモテていたわけでも、
イケメンだったわけでも、
ましてやしゃべるのが得意だったわけでもありません。
 
むしろ真逆。
 
スポーツや勉強、すべてが平凡で自信のない、
ただのコミュ障。
 
おまけに23歳まで彼女ナシ、素人童貞という
吉粋の『非モテ男子』でした。
 
ただ、そんな僕も今では
モデルや女優のような美しい女性とデートやセッ○スを存分に楽しめるようになりました。
 
そして、誰もが羨む美女を彼女にでき自信がついたことで、
今ではモテるだけでなく独立起業することにも成功しました。
 
恋愛もビジネスも結局は
「慣れ」なんですよね。
 
美女と話すことに慣れて、
どんな時でも男らしく堂々と振舞えるようになれば、
誰でも必ずモテるようになるということです。

 
そこで、もしあなたが女性問題を解決し、
人生を変えることに興味があれば、
 
僕たいこうが雑魚過ぎたメンタル(=「心体力」)を鍛え直し、
過去のひどすぎた女性コンプレックスを解消した過程を公開しているので
下記の記事をぜひ読んでみてください。
 
23歳素人童貞からモデル級美女を彼女にし、100人切りを達成できた僕たいこうの理念
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
下記画像をクリックして『鍛恋道場入門編』の詳細を見てみる
ccmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA