高田馬場アポ-VS 24歳細身OL嬢

 

最近まったくナンパ実践の記事を書いておりませんでした。

出撃したり、しなかったりしていてまったくネタがないわけではないのですが。

 

 

 

いったいお前はなにしてるんだという声が読者から聞こえてきそうにないので、

そろそろ自らアポの記事を書こうと思います。

 

 

 

とまあどうでもいい冒頭はおいといてw

 

 

先日アポの報告を!

 

【対戦相手データ】

・24歳

・OL

・細身系

・スレンダー系

・キャンキャン系

 

 

 

かな。あんまりこの子を表す言葉が見つかりませんw

普通の良い子でした。

 

 

 

でも今回のアポはちょっと特別なんです。

 

 

 

今までは

わざわざナンパしに街にでる→バンゲする→アポる

 

という流れだったんですが

 

 

 

今回は

旅行に行くために移動する→乗換駅にいたためナンパ→アポ

なんです。

 

 

 

そうなんです!

 

 

 

このアポはナンパのためにでていったのではなく、旅行のついでにナンパしてアポれた数少ないアポの一つなんですw

 

 

 

どうでもいい話ですが、個人的にはこの効率の良さに感動した次第です。

 

 

 

長くなりましたが本題いきます。

 

 

 

18時

駅で待ち合わせ

 

相手5分ほど遅刻してくるとの連絡入る

→本屋で時間潰す→相手が到着したとの連絡受けてから移動

 

したのがポイントです。

 

アポの時は基本的に少し相手に待たせるようにしています。

「待たせる」ことで、主導権を握りやすくするためです。

 

 

 

アポの前から勝負は始まっているのです(`・ω・´)キリッ

 

 

 

おれ「どこイクー?」

 

OL子「どこでもいいよ^^」

 

おれ「よーしじゃあ貴族しか入れない良いお店行こう!」

 

 

 

んで鳥貴族入店。

 

 

 

18時半ごろ

 

近況トーク

 

おれ「こないだ実家帰ってゆっくりできたー?」

 

これは一番最初に声かけした時の話題。

特に頭使って話題出さなくてもいいので楽ですw

 

 

 

んでこのやりとりから

まだそれほど自分に心を開いていないなと判断しましたw

 

 

 

質問に対して積極的に喋るでもなく、怪しんでいたのでw

 

 

 

18時半過ぎ

 

自己開示トーク

 

OL子「いつもあんな風に声かけしてるんですか?」

 

おれ「そんな暇ではないw」

 

OL子「・・・(怪しそうな目でこちらを見る)」

 

おれ「なんだ!怪しいツボでも売りつけられると思った?」

 

OL子「うんw」

 

おれ「いや、ほんとおれ若い子ほっとけないんだよね。おじさんだし応援したいんだ」

 

OL子「そんなおっさんではないでしょw」

 

おれ「いやもうこう見えて40。心は還暦だよ。いろいろ悩みを抱えてるんじゃないかななと思って声かけずにはいられなくてさ」

 

※上記が自己開示なっているかどうかは不明

 

 

 

19時過ぎ頃

 

恋愛トーク

よく覚えていないんですが、確か1〜2年くらい彼氏いないとなって

それヤバいじゃん処女膜できてるじゃんみたいな話をしました。

 

 

 

19時半過ぎ

 

和みは完了。

相手はもう一杯飲みたそう。

でもここで切り上げよう。

 

 

 

ということで

おれ「そろそろでるか〜」

 

 

 

からの準即確認。

 

 

 

おれ「今日ってまだ時間ある?」

 

OL子「・・(頷く)」

 

いやーこの多少自分に食いついてかつ焦燥感募っている状況

 

 

 

はい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イケるでしょヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

 

 

 

退店後

 

 

 

手つなぎ→ノーグダ

 

からの

 

 

 

おれ「タクシー乗ろう!」

 

OL子「いいけど、どこイクの?」

 

おれ「アットホームなところヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ」

 

 

 

んで自宅にin

 

 

からのノーグダ準即でした〜。

 

 

 

ポイントとしては

・居酒屋滞在約80分

→その80分でラポール形成・自分に興味を持たせるがスピーディーにできたこと

 

かなと思います。

 

 

意外にエロくていい子でしたw

 

 

連れだし後手繋げたらさっさとタクシーでテンション落とさず移動できるといいですねw

 

まあ今回のようにスムーズに決まるアポを増やしていきたいと思います( ̄ー ̄)

 

それでは!

 

恋愛を制するものは人生を制す

 
僕は23歳から女性にモテる能力を高める『鍛恋活動』を始め、
これまで累計100人以上の女性とベッドを共にしてきました。
 
そう言うと
 
「お前はどうせもとからイケメンで、
しゃべるのも上手かったんだろ?」
 
と思われるかもしれません。
 
ただ、僕はもともと女性にモテていたわけでも、
イケメンだったわけでも、
ましてやしゃべるのが得意だったわけでもありません。
 
むしろ真逆。
 
スポーツや勉強、すべてが平凡で自信のない、
ただのコミュ障。
 
おまけに23歳まで彼女ナシ、素人童貞という
吉粋の『非モテ男子』でした。
 
ただ、そんな僕も今では
モデルや女優のような美しい女性とデートやセッ○スを存分に楽しめるようになりました。
 
そして、誰もが羨む美女を彼女にでき自信がついたことで、
今ではモテるだけでなく独立起業することにも成功しました。
 
恋愛もビジネスも結局は
「慣れ」なんですよね。
 
美女と話すことに慣れて、
どんな時でも男らしく堂々と振舞えるようになれば、
誰でも必ずモテるようになるということです。

 
そこで、もしあなたが女性問題を解決し、
人生を変えることに興味があれば、
 
僕たいこうが雑魚過ぎたメンタル(=「心体力」)を鍛え直し、
過去のひどすぎた女性コンプレックスを解消した過程を公開しているので
下記の記事をぜひ読んでみてください。
 
23歳素人童貞からモデル級美女を彼女にし、100人切りを達成できた僕たいこうの理念
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
下記画像をクリックして『鍛恋道場入門編』の詳細を見てみる
ccmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA