音声初公開!受付嬢を勢いで連れだす音声&解説

こんばんは!

 

たいこうです。

 

最近は雨が続きますねw

雨自体は別に構わないんですが(嫌ですけど)、なんと言っても並行トークがしづらくなることが難点ですねw

ナンパにおいては。

 

こういうときは

・地下道でナンパする

・駅近でナンパする

 

などなど昔は「雨の日でもやるぞおおお」と気合だけでやっていましたが、最近は工夫するようになりましたw

 

そんな今日は連れだし音声をブログにて初公開します!

 

 

ポイント①0:01〜まずは相手に認識される

ここ、声かけフレーズより個人的に大事だと思っています。

声を発する前に、まずは相手に認識させる→反応を得る、の順番になります。

 

このときは、有楽町の駅前広場からまっすぐ駅に向かってくる綺麗なお姉さんがいたので、後ろから相手の斜め前にまずは位置をとってそこから声をかけました。

 

ポイント②0:05〜相手から反応を得る

 

声をかけると同時に相手の目をみます。

このときはこっちを見ていなかったので、まずは「こんばんは」

そして次に相手の反応を引き出すため、相手の外見で突っ込めるところを突っ込みました。

外見で突っ込めるところは

・髪型

・表情

・服装

・小物

・挙動

ですね。

 

髪型を指摘するときは、奇抜な髪型をしているとき、もしくは今回のように髪がツヤツヤな子は髪に気を使っている場合があるのでそこを突っ込みます。

ツヤツヤの場合は美容院帰りの場合もあるので「髪切った帰りですか〜?」と突っ込んでみたりします。

 

今回は結果的に全然美容院帰りではなかったのですがw

 

ポイント③0:23〜会話を広げる

 

相手から反応が返ってくれば、あとはそれを広げてラポールを築きパートに入ります。

今回は「美容院帰り?」の問いかけに対して「ジム帰り」と来たのでそこを拾ってます。

 

ただ普通に「ジム帰りなんだ!へー」のような返しでは盛り上がらないので、

「ジム帰りでこのツヤツヤさ!半端ないね」のような一言を入れることで

・相手も嬉しい

・前の会話との連動性がある

・笑いを誘う

 

ことにつながります。

手っ取り早くラポールを築きたいなら、笑いを取りにいくことです。

 

ポイント④0:30〜一通り盛り上がったら早速打診する

相手から反応があり、会話を成立させ、笑いもとったらすること。

それが「打診」です。

 

するのは連れだしの打診です。

この時点では打診して連れだすことが目的ではなく、相手にナンパしていると思わせるのが目的ですね。

 

よくあるのが並行トークが盛り上がってそのまま改札が近づき、打診してみると案外固くて結局改札入られて失敗、のようなパターンですw

 

僕も何度も経験しましたw

 

声かけた後の反応が良くても、打診が成功するとは限りません。

会話するくらいはOK、でも彼氏いるしLINE交換やお茶するのはNGみたいな場合も多々あるのです。

 

打診するのはそのNG理由を早めに見極めて対処するためです。

 

ということで、こういう反応がよかった場合でもまず打診することを意識してみましょう。

 

ポイント⑤0:42〜改札が迫ったらまずはピタ止めを狙う

このときは声かけてすぐ改札でした。

このまま何もしなかったらすぐ改札入られて終わるなーと思ったので、身を挺して阻止しました。

 

理由付けは適当に。

よく使うのは「今電車止まってるんで〜、嘘だけど」→「おい!笑」みたいな反応を引き出して阻止するけど気まずい雰囲気を作らない方向に持って行きます。

 

ポイント⑥1:17〜ピタ止めしてからするのは再び和みトーク

打診が成功しないのはまだ相手と距離がある証拠、です。

 

僕たちは小さい頃から「知らない人にはついていくな」と教育されて育ってきてますよねw

 

普通の感覚を持っていれば、急に話しかけてきた男の誘いに乗るなんてことはありえないですよね笑

 

その場合は会話量を増やして

・なんか楽しい人だな

・悪い人ではなさそうだな

という印象付けを行う必要があります。

 

↑上記のような印象を与えるには

・必死さをださない

・連れだす理由付けをする

 

ですかね。

まあ、音声聞きなおすと必死感でてますがw

 

ただ、「お茶行こうよー、少しだけなら、いいでしょ?」のような打診→打診→打診の繰り返しはしてません。

何かしら「ほら近場同士だし、年も近いし」のように共通点を無理やり見つけてそこと紐付けて打診しているので、あまり必死さをそこまで出さず、楽しい雰囲気を保ちながら誘導しています。

 

結果、今回は相手が根負けするという展開です。

 

ポイント⑦2:37〜相手のネガも汲み取り対処する

途中、時間を気にしていそうな素振りを見せたので、「その時間はちゃんと守るよ」というのを伝えています。

ここはある程度ゴリゴリ押さずに丁寧に対処しないと心が離れていくので要注意です。

 

ポイント⑧2:42〜連れだしが難しければ要求を下げる

連れだしに対してまだ迷いがありそうだったので、「とりあえずお店の前まで行こう。混んでたら帰ろう」と要求を下げてみました。

 

大抵の場合お店は満席ではないので、そのまま連れだせますねw

 

あとは要求を下げている=譲歩しているため、相手にも譲歩しなければいけないという気持ちになってきます。

そこもポイントですね。

 

ある程度勢いで連れだせた、というのが今回のパターンですが、次回はもっと丁寧にラポールを築いて連れだすバージョンもお送りしたいと思います。

 

お楽しみに!

 

それでは!

 

恋愛を制するものは人生を制す

 
僕は23歳から女性にモテる能力を高める『鍛恋活動』を始め、
これまで累計100人以上の女性とベッドを共にしてきました。
 
そう言うと
 
「お前はどうせもとからイケメンで、
しゃべるのも上手かったんだろ?」
 
と思われるかもしれません。
 
ただ、僕はもともと女性にモテていたわけでも、
イケメンだったわけでも、
ましてやしゃべるのが得意だったわけでもありません。
 
むしろ真逆。
 
スポーツや勉強、すべてが平凡で自信のない、
ただのコミュ障。
 
おまけに23歳まで彼女ナシ、素人童貞という
吉粋の『非モテ男子』でした。
 
ただ、そんな僕も今では
モデルや女優のような美しい女性とデートやセッ○スを存分に楽しめるようになりました。
 
そして、誰もが羨む美女を彼女にでき自信がついたことで、
今ではモテるだけでなく独立起業することにも成功しました。
 
恋愛もビジネスも結局は
「慣れ」なんですよね。
 
美女と話すことに慣れて、
どんな時でも男らしく堂々と振舞えるようになれば、
誰でも必ずモテるようになるということです。

 
そこで、もしあなたが女性問題を解決し、
人生を変えることに興味があれば、
 
僕たいこうが雑魚過ぎたメンタル(=「心体力」)を鍛え直し、
過去のひどすぎた女性コンプレックスを解消した過程を公開しているので
下記の記事をぜひ読んでみてください。
 
23歳素人童貞からモデル級美女を彼女にし、100人切りを達成できた僕たいこうの理念
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
下記画像をクリックして『鍛恋道場入門編』の詳細を見てみる
ccmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA