美女と対峙しても動じないモテマインドをナンパでつくる

こんばんは!

 

たいこうです。

先日メルマガ読者限定でナンパ合流会を初めて実施したんですが、ストリートナンパ初心者の方が後日早速初即を達成しました!

前回の合流会では、みんなでナンパをする機会を作ることと、始めたての人がナンパで意識するポイントの伝授を実際に僕のナンパを見てもらいながらやったので、役立って嬉しいですね^^

 

合流での大きな気づきって”自分でもできそう”という今までのマインドセットを変えることにあると思ってます。

 

ストリートナンパをほとんどしていなくても、合流して、実際にナンパしている姿を見ることで”なんか自分でもできそうだなー”と思えると、結果ってでやすくなるんですね。

 

今後もナンパ合流会などのイベントは定期的にやっていきますので、興味ある方は一番下のフォームからメルマガ登録してくださいね。

 

さて、今回は今までいろいろ書いてきたように、ナンパは出会いを圧倒的に増やすことで複数の女性に同時アプローチするための一つの戦略です。

 

僕もナンパを始める前はいつも一人の女性に固執して失敗してきましたw

 

好きになる→その子のことばかり考える→メールの返信がないと不安で仕方なくなる→冷たくされるともっと好きになる→撃沈w

 

というアプローチを何度も繰り返して来たのです。

 

ということを踏まえると上記のように1人の人に固執することなく、同時に女性をアプローチするのが正解となります。

 

が、ナンパを続けていくと、そうはいかない場面もでてくるのです。

 

 

 

替えの効かない女性がいつかあなたの目の前に現れる

 

ある程度ナンパのスキルが身についてくれば、女性との出会いに困らなくなるでしょう。

これは僕自身、ナンパを始めて実感してきたことです。

 

一度に少なくとも10人くらいの女性とやりとりしていましたし、仮にやりとりする子が減っても街にでてナンパすればすぐに数を増やせました。

 

だから特には気にしてこなかったのですが、恐らく多くの人がぶつかるであろう問題があります。

 

それは美女です。

 

美女の何が問題なのかというと、もともと母数が少なく、やりとりできる関係まで持っていけるのは極わずかです。

 

つまり、美女を一度に10人くらいやりとりするのは至難の技であり、替えが効きづらいのです。

 

この問題を解決するためには

・美女を何人も同時に囲い込めるようナンパ力を底上げする

・少ない美女でも攻略できる体制を整える

 

のどちらかが必要です。

 

前者については機会を改めるとして、今回は後者について説明していきます。

 

 

 

美女の攻略と法人営業の戦略は似ている

 

分かりやすく説明するために、例をだします。

僕の仕事が営業なのでw

 

法人営業では、特に大手法人など影響力が高いクライアントは母数が限られています。
そのため限られた中から繰り返し取引いただく必要があります。

 

ナンパも同じで限られた美女との機会は確実にものにする必要がある。

 

つまり、ダメだから次に行くという発想は通用しない。

ということ。

 

法人営業でも

・信頼獲得

・継続してアタックする

 

ということが必要になるのと同じで美女でも同じように即れずとも継続した関係を持つことが大事になります。

 

もちろん、一人の人との関係を引きずるのは良いとは言えません。

 

ただし、即や準即できなかったからと言ってすぐ見切りをつけるのもどうかと思うのです。

タイミングなどもありますし、相手の属性によっては身体を許すのに時間のかかるタイプである可能性もあります。

 

目安の数、というのはありませんが、連絡が続く限り、またはそれ以上の美女が現れるまではターゲットとして関係を継続させていくべきではないでしょうか。

 

もちろん置かれている環境や状況、はたまた趣味嗜好は皆それぞれですし、好きなようにやればいいと思います。

 

ただ僕は僕なりに営業でも経験を積んできて、1人の人に全力でぶつかった経験、というのも後の人生に活きてくると思ってます。

 

 

 

徹底的に一人に向き合う経験を積む

 

美女から学べることはたくさんあります。

というより、本当に良いと心から思った女性と関わることは、ナンパ師冥利に尽きると僕は思っています。

 

少なくとも僕はそのためにナンパを始めました。

 

もちろん多くの女性とセックスしたい、という欲もありますが、それより上位に来るのはナンパを始めた当時も、今も変わらず

 

“心から良いと思える女性と関係を結べるようになること”

 

です。

 

セックスしたいと思える女性はたくさんいますが、本当にこの人と長期的な関係を結びたいと思える女性はナンパをしていてもなかなか出会えませんでした。

 

これは僕が女性に求める要求が高いからかもしれませんw

 

でも、その高い要求を達成するために、僕はナンパをしています。

 

適当な子でいいなら、ナンパもとっくにしていない。

ナンパをして多くの女性を知ったからこそ見えてきた、本当に自分に合っている女性、その人と出会いものにする、が僕の目標です。

 

営業をしていても思います。

一発の商談でスパッとは決まらないんです。

 

今はサービスも似たようなものが溢れかえっています。

他の営業もたくさん攻めてきている中で、わざわざ自分を選んでもらうためには、ある程度時間をかけて相手に認めてもらう必要があるからです。

 

そしてそうした継続的なアタックが身を結んだ時の達成感は、美女を即ったときとはまた違うものがあります。

 

今はいなくとも、いつかあなたの前にそうした女性は必ず現れます。

替えの効かない女性と退治したときにすべきは

①新規拡大は引き続きやる→経験値を上げ続ける

②落とせない状況でも落ち着けるマインドを身につける

 

の2つをこの1年僕はやってきました。

 

ただ、新規拡大しても結局その子を超える子は現れなかったのでw

結局は②をできるようになることが、その子と関係を深める上で大事であると気づきました。

 

恋愛に必要な基礎スキルは全てナンパで身につけていたのでw

 

①と②は連動していて、新規拡大をすることで、「まだまだ女性はたくさんいる」ということが実感として持てます。その実感が②へつながります。

 

また、②は不安な気持ちなど一度紙に書いてみることです。

頭の中でもやもやしていることを、しっかり言葉にして見えるようにするだけでもだいぶ落ち着きます。

 

こうした自己啓発チックなこともちょいちょい取り入れ、僕は状況を改善してきました。

 

ということで、長々と書いて結局何が言いたかったのかというと

 

“数を打つ戦略は重要かつ必要、ただし徹底して1人の女性にアタックし続ける経験も必要”

 

ということが言いたかったのでした。

 

そのためには替えの効かない美女と出会うこと、が必要になってきます。

 

その子とのやりとりで学べること、自分に足りないものは何かをワクワクしながら気づけること、これは大変貴重な機会です。

 

ということで、ナンパに面白みを感じなくなってしまった人、または似たような壁を感じている人こそ踏ん張って継続したアタックをして欲しいと思います。

 

今回はここまで。

 

それでは!

 

恋愛を制するものは人生を制す

 
僕は23歳から女性にモテる能力を高める『鍛恋活動』を始め、
これまで累計100人以上の女性とベッドを共にしてきました。
 
そう言うと
 
「お前はどうせもとからイケメンで、
しゃべるのも上手かったんだろ?」
 
と思われるかもしれません。
 
ただ、僕はもともと女性にモテていたわけでも、
イケメンだったわけでも、
ましてやしゃべるのが得意だったわけでもありません。
 
むしろ真逆。
 
スポーツや勉強、すべてが平凡で自信のない、
ただのコミュ障。
 
おまけに23歳まで彼女ナシ、素人童貞という
吉粋の『非モテ男子』でした。
 
ただ、そんな僕も今では
モデルや女優のような美しい女性とデートやセッ○スを存分に楽しめるようになりました。
 
そして、誰もが羨む美女を彼女にでき自信がついたことで、
今ではモテるだけでなく独立起業することにも成功しました。
 
恋愛もビジネスも結局は
「慣れ」なんですよね。
 
美女と話すことに慣れて、
どんな時でも男らしく堂々と振舞えるようになれば、
誰でも必ずモテるようになるということです。

 
そこで、もしあなたが女性問題を解決し、
人生を変えることに興味があれば、
 
僕たいこうが雑魚過ぎたメンタル(=「心体力」)を鍛え直し、
過去のひどすぎた女性コンプレックスを解消した過程を公開しているので
下記の記事をぜひ読んでみてください。
 
23歳素人童貞からモデル級美女を彼女にし、100人切りを達成できた僕たいこうの理念
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
下記画像をクリックして『鍛恋道場入門編』の詳細を見てみる
ccmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA