海ナンパからの…しまださん( ´艸`)-前編

女の子とご飯を一緒に食べると必ずと言っていいほど
「全然食べないね」と指摘されるれんです。
先週はリア友の子が当日急に「海に行こう!」と誘われたので
仕方なく神奈川は南の海まで行って来ましたよ
10:30
湘南の海に到着
江ノ島
見渡せばギャル( ̄▽ ̄)
見渡せばブス
見渡せばブス
ごうりき
ていう感じの比率であんまり可愛い子がいませんでした(ノД`)
というより、そもそも女の子がいませんでしたw
はいw言い訳ですね
凄腕は環境に囚われず結果をだす(持論)
はずなので今日もガンガン行くぜ!
今日のおれは海で限界を超える( ̄▽ ̄)
予定で海に繰り出します
本来は3人で来る予定だったんだけど
ひとり来れなくなったので急遽2人に…
なのでコンビナンパで行こうかねーと思い
まずは声をかけようとしました
すると!
リア友「いやあ、おれやっぱ無理だわあ」
!!
お前
やるきあんのか( ̄▽ ̄)
いやいや、男2人で海ですよ?
ありえないでしょどう考えたって。
2人で海に来て
んで浮き輪もボールも何もかも忘れてですよ?
もうこれナンパするしかないでしょってことを海に到着する前に何度も確認したよね?
でもいざ海を目の前にすると声をかけられなくなってしまうようでした!
仕方ないので一人で声かけ!
おれ VS 女子2人組
おれ頑張ってトークする→相方遠くでみてる→頑張って盛り上げたところで相方呼ぶ→相方来ないw
って感じでだいぶ苦戦しましたw
あとこれ完全に日帰りで来たんだけど
ナンパした後の展開全然考えてなかったんですね( ̄▽ ̄)
まあとりあえず海の家に連れだし?
もしくはバンゲして夕方くらいに海の近くで合流?
くらいでしょうか。
てな感じで全然女子がいない中適当に声をかけていきます
途中ブス2人組の一人と相方をLINE交換させて
ちょいちょいいる複数のギャルに声かけていきます。
おれ「おい!あのギャル行ってみようぜ!」
リア友「いやあ、あれは絶対男持ちだよ^^」
おれ「おい!あそこの2人組可愛くね?」
リア友「いやあ、おれはギャルはちょっと^^」
おい
やるきあんのか( ̄▽ ̄)
こんな感じで全く咬み合わないままお昼くらいになりました。
するとさっき交換したブスからLINEが来た模様!
ブス「お昼食べたー?良かったら一緒に食べよ^^」
相方「おい!LINE来たぞ!ちょっと休憩も兼ねて飯でも食おう^^」
全然納得いってなかったけど
他の子も捕まえられなかったし、確かに喉も乾いていたので仕方なく合流。。
明らかにぼったくりな唐揚げカレーとカレーに目玉焼きだけ載せたインチキロコモコを食しました。
その後、ブスな方々がなんとも浮き輪を持っているとのことだったので
しばし借りて4人で海をぷかぷか…
おれ「おい、もうこの子らとは十分話したし、もう次に行こう」
リア友「いやあ、おれもう海で思い出作ったしもう今日はこれでいいんじゃないかな^^」
おい
やるきあんのか( ̄▽ ̄╬)
てな感じで終始うまくいかないままあっという間に日が暮れてしまいましたよw
限界とか全然超えてませんw
バンゲは狙ってはいなかったものの結局楽しいイベントもないまま終了
てか、海は色々と金かかるし日焼けも痛いしでエコナンパとはかけ離れてますねw
まあ、ネタや季節の風物詩的な感じで楽しめば良いと思います。
効率的には街でナンパしたほうが良いと思ってしまいましたし( ̄▽ ̄)
あと、湘南なのにナンパしている人が全然いなくてびっくりしました
ナンパ師集めて本気で行けば、案外なんとかなる気がします。
あとやっぱり、普段ナンパしてない人は海でも他人の目が気になって声かけしづらいようです(`・ω・´)ゞ
※結論
海ナンパはナンパ仲間といけ

んで、しらす丼だけ食って18:00頃解散。
その後は関西伝説のナンパ師しまださんが
東京ナンパツアーに来るとのことで渋谷へ。
そうだ!今日のメインはむしろこっちだった。
おれは渋谷で限界を超える!
ってことで
今日はまだまだナンパが続きます。

恋愛を制するものは人生を制す

 
僕は23歳から女性にモテる能力を高める『鍛恋活動』を始め、
これまで累計100人以上の女性とベッドを共にしてきました。
 
そう言うと
 
「お前はどうせもとからイケメンで、
しゃべるのも上手かったんだろ?」
 
と思われるかもしれません。
 
ただ、僕はもともと女性にモテていたわけでも、
イケメンだったわけでも、
ましてやしゃべるのが得意だったわけでもありません。
 
むしろ真逆。
 
スポーツや勉強、すべてが平凡で自信のない、
ただのコミュ障。
 
おまけに23歳まで彼女ナシ、素人童貞という
吉粋の『非モテ男子』でした。
 
ただ、そんな僕も今では
モデルや女優のような美しい女性とデートやセッ○スを存分に楽しめるようになりました。
 
そして、誰もが羨む美女を彼女にでき自信がついたことで、
今ではモテるだけでなく独立起業することにも成功しました。
 
恋愛もビジネスも結局は
「慣れ」なんですよね。
 
美女と話すことに慣れて、
どんな時でも男らしく堂々と振舞えるようになれば、
誰でも必ずモテるようになるということです。

 
そこで、もしあなたが女性問題を解決し、
人生を変えることに興味があれば、
 
僕たいこうが雑魚過ぎたメンタル(=「心体力」)を鍛え直し、
過去のひどすぎた女性コンプレックスを解消した過程を公開しているので
下記の記事をぜひ読んでみてください。
 
23歳素人童貞からモデル級美女を彼女にし、100人切りを達成できた僕たいこうの理念
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
下記画像をクリックして『鍛恋道場入門編』の詳細を見てみる
ccmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA