横浜ストで初のギャルからバンゲ!

こんばんは!
今日も服の店員さんから、疲れてそうですねwと突っ込まれるくらいに
残念なフェイスを持ってるれんです。
今日は横浜で夕方16:00から3時間ほどスト、の3バンゲでした!
久々の3バンゲなので頑張ってアポに繋げたいですわw
ナンパでバンゲする技術もいれば、アポる技術も必要ですからね。
そしてそして、今日はナンパをしだしてから始めてギャルと呼べる人種からバンゲしました!
ほんと、ギャルに声かけするのには勇気がいるんですよねw
だってやつら、今にも怒り出しそうな顔して歩いてません?笑
話しかけると大抵シカトだし、渋谷で声かけたときは
おれ「こんばんはー。渋谷でめっちゃ可愛く歩いて、、、」
ギャル「うるさい!!!!!!」
ってめっちゃ怒鳴られたこともあるし若干トラウマですもん。
そんなトラウマを抱えつつ、今日の声かけ最後のひとりにしよう(通常、その日の最後に声かけするときはめちゃ美人orギャルとだいたい決めてます)と決めて、挑んだ足早な金髪ギャル。
おれ「こんばんはー。駅の西口で一番優雅に歩いてますよね^^今日買い物帰りですか??笑」
金ギャル「(笑)いやいやいや、全然優雅じゃないから。もう帰るから笑」
おれ「いやいやいや。もうほんと髪とかツヤツヤで光輝いてるから。金だし横浜で一番目立ってるから!もう帰るの??」
金ギャル「今日は仕事だったからなー。もう帰るから!」
*改札に入るので追うおれ。
おれ「日曜なのにもう帰るの?もったいないわー。超寒いしあったかいものでも食べようよ。つか、ほんとに電車乗って帰んの?どこまで」
金ギャル「いま体調悪いの。とりあえず◯◯駅まで降りて帰るよ」
*なんと、おれの地元の駅とまったく同じじゃないですか。すかさず電車までついてくおれ。
金ギャル「ほんとに乗ってくんの?笑 ウケるw ほんとに〇〇駅地元なの」
てな感じで地元の駅まで20分ほどトークしてから、バンゲしときました!
何がよかったんでしょうね。。もともとノリの良い子、更には地元が同じという強力な共通点、さらに一言目で笑いがとれたのが要因として大きいですかね。
ひとつでも強力な共通点があると、心の距離がグッと縮まるのは確かです。
が、大抵の場合はそんなもんないので、ここは最初の笑いをとる意識と、電車までついていった自分の粘りを褒めたいと思います。よくやったぞ!自分!
21歳アパレル店員。30歳の御曹司彼氏持ちでしたとさ。
お金もあって付き合ってるけど、彼氏のことはあんまり好きではなさそうでしたねw
友達の写真も見せてもらったけど、見事なDQNっぷりでした笑
深追いしすぎて怖い目に合うか不安です笑
でも自分から声かけしたわけだし、責任持ってアポまで頑張って持ってきます。
この先何が起ころうとね。何事も経験だから。
死なない程度に頑張ります!
総括して思ったことは、ギャルに対しても苦手意識なく声かけできたことくらい、でしょうか。
ナンパは週イチ程度の活動のため、毎週やり始めはどうしても周りの目が気になってなかなか声がかけれません。
ましてやギャルや超絶美女に対してはなおさらです。
だから、ある程度声をかけてマインドをならす必要があるんだな、と。
リズムがでてくると、周りの目がまったく気にならない無双モードみたいな状態になります!
勢いもよくなるから、楽しい雰囲気がでてギャルでも応じてくれる。
テンションマックスにするための助走は大事です。
各々何かしらテンションを上げる方法を知っとくといいですね、
おれの場合は最初はブスでも良いから声をかけること。
ある程度反応が返ってくると、ナンパが楽しくなってきてテンションが上ります。
無双モードは自分より上のレベルを倒すためにも大事だな、と思いました。
このギャルは頑張ってアポりたい!
そうそう、そのためには苦手なメールを頑張らないといけないんだよな。。
れん

<<女性を脳から犯す唯一の方法!>>

<<ナンパにお酒も最大活用する!>>

恋愛を制するものは人生を制す

 
僕は23歳から女性にモテる能力を高める『鍛恋活動』を始め、
これまで累計100人以上の女性とベッドを共にしてきました。
 
そう言うと
 
「お前はどうせもとからイケメンで、
しゃべるのも上手かったんだろ?」
 
と思われるかもしれません。
 
ただ、僕はもともと女性にモテていたわけでも、
イケメンだったわけでも、
ましてやしゃべるのが得意だったわけでもありません。
 
むしろ真逆。
 
スポーツや勉強、すべてが平凡で自信のない、
ただのコミュ障。
 
おまけに23歳まで彼女ナシ、素人童貞という
吉粋の『非モテ男子』でした。
 
ただ、そんな僕も今では
モデルや女優のような美しい女性とデートやセッ○スを存分に楽しめるようになりました。
 
そして、誰もが羨む美女を彼女にでき自信がついたことで、
今ではモテるだけでなく独立起業することにも成功しました。
 
恋愛もビジネスも結局は
「慣れ」なんですよね。
 
美女と話すことに慣れて、
どんな時でも男らしく堂々と振舞えるようになれば、
誰でも必ずモテるようになるということです。

 
そこで、もしあなたが女性問題を解決し、
人生を変えることに興味があれば、
 
僕たいこうが雑魚過ぎたメンタル(=「心体力」)を鍛え直し、
過去のひどすぎた女性コンプレックスを解消した過程を公開しているので
下記の記事をぜひ読んでみてください。
 
23歳素人童貞からモデル級美女を彼女にし、100人切りを達成できた僕たいこうの理念
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
下記画像をクリックして『鍛恋道場入門編』の詳細を見てみる
ccmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA