鍛恋-ナンパで恋愛を制するものは人生を制す

横浜でエコナンパ-前編

この記事は3分で読めます

連日の深夜残業と土日出勤に加え、花粉症で日々貧弱化しているれんです。
昨日は華金ということで、仕事終りに行ってきましたよ。
久々のナンパへ。
まずは浜虎のラーメンで腹を満腹にし、
21:30
ストリートナンパスタートです。
2人目
モデルのようなスレンダーギャル
おれ「こんばんは^^」
ギャル「……」
おれ「圧倒的にこんばんは^^」
ギャル「……」
おれ「そんなにアイフォンに夢中なの?てか、テトリスでしょ?^^」
ギャル「違うよwてかアイフォンじゃなくてスマホだからw」
おれ「おー、確かに。てかゴージャスすぎでしょw」
ギャル「いまめっちゃ急いでるから」
おれ「おーおー、めっちゃ歩くの早いね^^小学校の時リレー選手だったでしょ?^^」
ギャル「そうそう」
おれ「てかそんな急いでどこ行くの?JR線?」
ギャル「いや、京急線でいまから移動すんの」
おれ「え、マジで?今京急線止まってるからちょっと立ち話していったらちょうど良いと思うんよ」
ギャル「いや、急いでるんで」
おれ「(▼⊿▼)」
次!
ショートカットの清楚系
おれ「こんばんは^^」
清楚「!!」
おれ「超こんばんは^^」
清楚「(・0・)」
おれ「めっちゃびっくりしてないw」
清楚「 (゚д゚)(。_。)ウン!」
おれ「いや、むしろおれの方がびっくりだわwてか歩き方めっちゃ優雅だね」
清楚「そんなことないよー。てかお兄さんなに?」
おれ「レッドカーペットでもないのにモデル歩きしてるからつい気になってなwただの仕事帰りだよ」
清楚「 ふーん。てかモデルとかじゃないし!」
おれ「まじで。めっちゃ都内とか華麗に歩くの似合いそうだけど^^」
清楚「あ、でも今日は銀座に行ってきていま帰りなんだ」
おれ「おしゃれやん^^髪もつやつやでめっちゃきれいだね」
清楚「分かります?ちょうど今日美容院行ってきたんですよ^^」
おれ「おーどうりでなw2秒で分かったよ。さすが!いまから帰るん?」
清楚「うん!帰るよー」
おれ「じゃあ今日は華金だし、コーヒーでも一杯飲んでから帰ろうよ。そこにタリーズあるし」
清楚「えー。どうしようかな。」
おれ「タリーズそんなに嫌だった?おれも普段はスタバ派なんだけどな、近いしそこにでもしよう!」
清楚「えー、でもこんな時間だしなあ」
おれ「はいはいじゃあ2分で良いから!22:00前には電車乗って帰ろう。いこいこ」
こんな感じで連れ出し!
女子が連れだしのときに渋っているときは、あまり冷静に考える暇を与えず、かつ強引さを全面にださずに勢いで持っていきましょう。
連れ出し後は当たり障りのないトークに終始。出身は某有名国立大の出身ということと、登山の話とかして終りました。でバンゲして放流。
5人目くらい
優雅に歩いてるクール系女子
おれ「こんばんは^^」
女子「 ……」
おれ「えげつないくらいにこんばんは^^圧倒的にこんばんは^^」
女子「笑」
おれ「あ、笑ったー。はい、おれの勝ち^^仕事帰り?だいぶ疲れてそうだけど。」
女子「いや、飲み会の帰りですw」
おれ「おー、確かに。千鳥足になってるもんな!で、金曜だしもう一杯飲んでこうってやつでしょ?」
女子「いや、もう帰ります」
おれ「いやいやまだこんな時間だし。2分で良いよ!」
女子「2分じゃ大して飲めないじゃないですか笑」
おれ「立ち飲みバーでもいこうや^^テキーラ半分くらい残して帰ろう^^」
女子「いや、意味が分らないです笑」
おれ「でもめっちゃ立ち飲みとか似合いそうだね^^よく行くでしょ?」
女子「うーん、行かないかなそんなに」
おれ「マジで?でもお酒は好きでしょ?職場おっさんとかいなくて寂しいから今度飲みにでもいこ」
女子「え、でも横浜とかそんなに来ないし…」
おれ「じゃあ渋谷でも自由が丘でもどこでもいいよ^^飲みにいこ。おれ忙しいけど週7で予定作れるから」
女子「暇人じゃないですか笑」
おれ「はーい、また笑ったね。おれの勝ち^^じゃあ番号登録しといてよ」
こんな感じでバンゲしました!
ナンパしている時間で30分程度で1連れ出し1バンゲ!
なんというエコなナンパなんでしょう。
昔のおれだったら、きっと30分くらい地蔵してようやく声掛けるけど全然ダメで風俗に逃げるってパターンだったけど
ちょっとは進歩した?( ̄。 ̄)
※うまくいくのは腕があがったからではなく、恐らく春という出会いの季節のおかげ
ふう
もうこんだけ今日はうまくいったし帰るか。
今までのおれだったらきっとそう思っていたはず
だが、今日のれんはちょっと違います
よし、風俗にいこう( ̄ー+ ̄)
仕事のストレスがちょー溜まっていたので、どうしても抜きたかったんです
そしてあわよくば連れ出そうそうしよう
そんな厨二発想をもったおれは
今宵
夜の桜木町に向かうのです

れん

 恋愛を制するものは人生を制す


僕は23歳の頃からナンパを始め、
これまで累計100人以上の女性とベッドを共にしてきました。


そう言うと

「お前はどうせもとからイケメンで、
しゃべるのも上手かったんだろ?」

と思われるかもしれません。


ただ、僕はもともと女性にモテていたわけでも、
イケメンだったわけでも、
ましてやしゃべるのが得意だったわけでもありません。


むしろ真逆。


スポーツや勉強、すべてが平凡で自信のない、
ただのコミュ障。

おまけに23歳まで彼女ナシ、素人童貞という
吉粋の『非モテ男子』でした。


ただ、そんな僕でもナンパを始めてからは
道行く美女に堂々と声をかけられるようになり、
彼女らとデートやセッ○スを存分に楽しめるようになりました。



そして、美女をゲットし自信がついたことで、
今ではナンパだけでなく独立起業することにも成功しました。


恋愛もビジネスも結局は
「慣れ」なんですよね。


美女と話すことに慣れて、
どんな時でも男らしく堂々と振舞えるようになれば、
誰でも必ずモテるようになるということです。



そこで、もしあなたが女性問題を解決し、
人生を変えることに興味があれば、

僕たいこうが雑魚過ぎたメンタル(=「心体力」)を鍛え直し、
過去のひどすぎた女性コンプレックスを解消した過程を公開しているので
下記の記事をぜひ読んでみてください。




23歳素人童貞から100人切りナンパ師になれた僕たいこうの理念



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



下記画像をクリックして『鍛恋道場入門編』の詳細を見てみる


ccmail









 著者プロフィール

たいこう

23歳まで素人童貞だった元非モテ男。このままじゃ男として0点以下の人生になると思い、一念発起してストリートナンパを開始。
ガンシカ・罵声・年下に舐められる等数多くの悔しい思いを経験。

それでも凄腕のナンパ師の助力や素晴らしい女性との出会いもあり、遂に自分が心から納得できる女性をゲット。理想の人と付き合うことの充足感を知る。

ナンパ活動を通じて、人生を前に進めるメンタルの強さ=「心体力」を鍛えることが人生の肝と悟り、現在は一人でも多くの人生を前向きなものにするために活動中。

詳しくはコチラ

あわせて読みたい

コメント

    • サイヤン
    • 2013.03.17

    SECRET: 0
    PASS: f96901f101b8602721deb80c1d17fe1d
    なんというすばらしい返し。
    たくさん盗ませていただきます
    帰るグダも崩せるなんて。
    ここまでトーク力があると、女の子よろこぶでしょうね。

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    お疲れ様です^^
    オレも最近、時間区切って「○○分だけ」とか「○時まで」って提示したほうが、
    連れ出し率が上がるような気がしてきましたw

    • れん
    • 2013.03.19

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >>サイヤンさん
    ありがとうございます^^どんどんパクっていってくださいね。どこかで合流しましょう。
    >>えっちゅうさん
    時間区切るのオススメですよ!たいがいふざけて「お茶しようよ。20時間くらい」とかいったりしてますが笑いもとれたりします^^

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


著者プロフィール

はじめまして!たいこうと申します。

僕は23歳まで素人童貞という、正真正銘の非モテ男でした。
  
「このままじゃ男として0点以下の人生になる」
  
そこから、一念発起してストリートナンパを開始し、今では累計100人以上の女性と関係を持つことに成功しました。
  
結果、自分でもビビるくらい自信がつきまして、現在は独立起業してナンパ以外にも好きなことにチャレンジしまくる自由な日々を送っています。
  
そんなの嘘だと思いますよねw
  
ただ、そう思われたあなたにこそ、このような世界が実在するということを知ってもらいたいです。
  
もっと詳しく僕やナンパについて知りたい方は、下記の記事を読んでみてください。
  

↓↓↓↓↓

23歳素人童貞から100人切りナンパ師になれた僕たいこうの理念

ブログ村ランキングに登録しています!

にほんブログ村 恋愛ブログへ
応援よろしくお願いします!

ナンパ初心者の方におすすめ

スポンサードリンク

RETURN TOP