有楽町ナンパ-2人連れだし→失敗w

昨日は有楽町に18:00〜出陣!
今回も運良く合流させてもらいました!
シュンさんという30歳でナンパを初めてまだ3〜4回目くらの方だったんですが、
最初はおどおどしながらも少し一緒にやっていくと後はすんなり声をかけるようになっていました^^
しかも後から聞いたら4バンゲというえげつなさww
そんなシュンさんに刺激を受けておれも2人連れだしました^^
1日2人連れだしは初めて!ということでその振り返りを。。
1人目は恐らく30歳くらいのちょいギャル保育士
おれ「こんばんは^^世界一可愛いなと思ってつい声をかけたんだけど^^」
女子「笑」
おれ「あ、いま笑ったでしょ?実は自分でも世界一可愛いと思ってたみたいな?」
女子「え?え?まあね^^」
おれ「その袋何買ったの?なに?もしかして自分の写真集とか?」
女子「え?え?まあ、あ、何か意味が分からない^^」
おれ「え?もはやおれも意味が分からなくなってきたわwじゃあこの勢いのままにそこのフレンチあたりで飲も^^」
女子「笑」
おれ「ちょ?知らないの?いま流行ってんだから^^偶然街で知り合った男女でご飯一緒に食べるの^^」
女子「いやでもフレンチはちょっとー。」
おれ「はいじゃあそこのカフェでお茶でもしよ!今日寒いから絶対身体温めて帰った方が良いから!いこいこ^^」
こんな感じで適当に話して連れだし!
これは音声を録って後から聞き直したんですが、声かけからわずか2分でカフェに入店してましたねw
自分でもびっくりするくらいの早口&マシンガントークということに気づきましたw
その後の連れだしは普通に30分くらいトークして放流。
そんなに可愛くはなかったけど、一応バンゲだけしておきました。
そしてその後は駅前で待ち合わせてる20歳くらいの金髪チビギャルの子から無理やりLINEのIDをゲット。
20時を過ぎ、有楽町から人もぐっと減ってきたので、そろそろ連れだして飲みにでもいきてーなーと
思ってたところに、まあまあスタイルの良い美女が!
すかさずナンパ
おれ「こんばんは^^いや、あまりにも颯爽と歩いてるんでつい声をかけちゃったんですよねー」
美女「笑」
おれ「あ、笑ったね?まんざらでもない感じ?^^」
美女「なにー?これなにかの勧誘?」
おれ「いやいやwこれのどこが勧誘に見えるw普通にナンパだから」
美女「えー、なんかお兄さんおもしろーい^^」
おれ「買い物帰りでご飯でも食べて帰ろうかと思ってたでしょ?お腹空いてそうだもんな^^」
美女「あたし、22:30から予定があっていまちょっと暇してたの。」
おれ「まじ?おれもちょうど22:30から予定があったとこだわ^^じゃあちょっとご飯でも食べよ!」
美女「ほんとに勧誘とかじゃないのー?勧誘とかだったら速攻逃げるからね^^」
おれ「勝手にしてくれw別にいま逃げてくれても良いけどw」
という嘘八百全開の雑なトークで連れだしw
後で発覚したのですが、このとき既にこいつは酔っぱらいでしたw
道理で話がスムーズに行くと思ったわw
これは即を狙いに行くしかない!と思い、有楽町の居酒屋に連れだしからの
1時間くらいで切り上げ、有楽町は個室がないので新橋まで移動。
そこからレンタルルームに入ろうとするも
美女「いや、ないわwマジでないわw面白いけど笑えないww」
と鬼グダ(゚д゚)w
なのでカラオケに切り替えてからの、軽くチュー&乳揉みで終わりましたとさw
あ、因みに飲みはこっちだったけど、カラオケは全部だしてくれました^^
金融系の広告の仕事をしていると言ってたので小金持ちとみたヽ(゜▽、゜)ノ
うまくキープして次は全額だしてもらいたいものです^^
今回は途中から即狙いに切り替えたのですが、たぶん連れだし後のトークがまだ未熟なのかとw
連れだしてからセックスに持っていくにはどんな感じで話せばいいんでしょうね。
この日はまず最初はお互い軽く自己紹介→軽く恋愛話→ちょっとしたエロ話という感じだったんですが
あまり即に繋がる感じはしませんでしたM(_ _)M
なので即を狙う場合にはここでどんな風にトークを展開していくのか
まだ勉強する必要がありそうですわヘ(゚∀゚*)ノ
次に繋がるかも微妙ですが、一応メールも頑張ってみて準則を狙います。
さあ三連休最後の今日も午後はストってきます!
合流申請も待ってますねー。
れん

<<女性を脳から犯す唯一の方法!>>

<<ナンパにお酒も最大活用する!>>

恋愛を制するものは人生を制す

 
僕は23歳から女性にモテる能力を高める『鍛恋活動』を始め、
これまで累計100人以上の女性とベッドを共にしてきました。
 
そう言うと
 
「お前はどうせもとからイケメンで、
しゃべるのも上手かったんだろ?」
 
と思われるかもしれません。
 
ただ、僕はもともと女性にモテていたわけでも、
イケメンだったわけでも、
ましてやしゃべるのが得意だったわけでもありません。
 
むしろ真逆。
 
スポーツや勉強、すべてが平凡で自信のない、
ただのコミュ障。
 
おまけに23歳まで彼女ナシ、素人童貞という
吉粋の『非モテ男子』でした。
 
ただ、そんな僕も今では
モデルや女優のような美しい女性とデートやセッ○スを存分に楽しめるようになりました。
 
そして、誰もが羨む美女を彼女にでき自信がついたことで、
今ではモテるだけでなく独立起業することにも成功しました。
 
恋愛もビジネスも結局は
「慣れ」なんですよね。
 
美女と話すことに慣れて、
どんな時でも男らしく堂々と振舞えるようになれば、
誰でも必ずモテるようになるということです。

 
そこで、もしあなたが女性問題を解決し、
人生を変えることに興味があれば、
 
僕たいこうが雑魚過ぎたメンタル(=「心体力」)を鍛え直し、
過去のひどすぎた女性コンプレックスを解消した過程を公開しているので
下記の記事をぜひ読んでみてください。
 
23歳素人童貞からモデル級美女を彼女にし、100人切りを達成できた僕たいこうの理念
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
下記画像をクリックして『鍛恋道場入門編』の詳細を見てみる
ccmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA