新宿飲み

今日は新宿で去年の年末にバンゲした32歳OLと飲み。
こうしてふたりで会うのは2回目。前回は六本木で飲み→ダンスイベント→渋谷で飲み→朝までクラブというかなり濃い時間を過ごして以来。ちなみにこのときはクラブでベタベタくっつくも肝心なところは(キスや抱きつき)は拒否られ、結果を残せず。
それ以来、恐らく2ヶ月ぶりくらいに会う。
新宿で待ち合わせてからの飲みに向かう、いつも通り近況を交えつつ軽快にトークは進む。ちょいちょい恋愛話をはさみつつ、かつ自分のことも結構話せた。
2時間くらいで時間制限が来て、飲み屋からでる。このときまだ八時半とか。
携帯の充電がないというのを理由に個室に連れ出そうとするも拒否られる。
その後二次会で飲みに行き、帰りの途中で手をつなごうとするもこちらも拒否られる。
うーん。ガードが固く崩せず残念。結果的には前回のときとそれほど進展がない、という感じでしょうか。
恐らく恋愛経験の差もでてきているかとは思う。向こうは32歳でバツイチ、かなり恋愛経験が豊富。外見もとっても綺麗で崩すに至らなかった。
また次アポをとるのもできそうな流れではあったけど、たぶん口説き落とすにはまだかなり時間がかかるような気がする。
ここは潔く撤退して、可能性のある子に注力するのも良いかもしれない。
今日の反省点は、話の中で笑いはとれたけど、良い雰囲気にできなかったこと。もっと雰囲気作りを意識した会話をしたい。そして対局に持って行きたい。
明日は23歳保育士と、事務職員の子とランチ、飲みとデートが2本。
レベルは少し下がるがここでもしっかり経験を積んでいきたい。

恋愛を制するものは人生を制す

 
僕は23歳から女性にモテる能力を高める『鍛恋活動』を始め、
これまで累計100人以上の女性とベッドを共にしてきました。
 
そう言うと
 
「お前はどうせもとからイケメンで、
しゃべるのも上手かったんだろ?」
 
と思われるかもしれません。
 
ただ、僕はもともと女性にモテていたわけでも、
イケメンだったわけでも、
ましてやしゃべるのが得意だったわけでもありません。
 
むしろ真逆。
 
スポーツや勉強、すべてが平凡で自信のない、
ただのコミュ障。
 
おまけに23歳まで彼女ナシ、素人童貞という
吉粋の『非モテ男子』でした。
 
ただ、そんな僕も今では
モデルや女優のような美しい女性とデートやセッ○スを存分に楽しめるようになりました。
 
そして、誰もが羨む美女を彼女にでき自信がついたことで、
今ではモテるだけでなく独立起業することにも成功しました。
 
恋愛もビジネスも結局は
「慣れ」なんですよね。
 
美女と話すことに慣れて、
どんな時でも男らしく堂々と振舞えるようになれば、
誰でも必ずモテるようになるということです。

 
そこで、もしあなたが女性問題を解決し、
人生を変えることに興味があれば、
 
僕たいこうが雑魚過ぎたメンタル(=「心体力」)を鍛え直し、
過去のひどすぎた女性コンプレックスを解消した過程を公開しているので
下記の記事をぜひ読んでみてください。
 
23歳素人童貞からモデル級美女を彼女にし、100人切りを達成できた僕たいこうの理念
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
下記画像をクリックして『鍛恋道場入門編』の詳細を見てみる
ccmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA