上野ナンパ-連れだしの果てに

土曜日は予定してたアポがドタられたれんです。
ということで今回は上野のに行ってきました!
上野ってすごく遠いイメージがあったけど、実際渋谷とかとそんなに距離は変わんなかったので
これから機会があればちょいちょいイッテみようかと思います。
今回は上野で主にナンパしているAさんに誘われて
まずはナンパ師が集まる飲み会へ
上野居酒屋
皆さんベテラン揃いでびっくりしました
ナンパ歴がだいたい7〜8年くらい?
いろいろとやらかしてる話もあって
自分もまだまだやなあと思いお酒も進む
19:30
まだ飲んでいる中もうナンパしたくてしょうがなくなってきたので街へ
地理がまったく分からないので適当に散策( ̄▽ ̄)
上野は駅前か、商店街らへんで声をかけるのがベターなのかな?
とりあえず連れだしたかったので酒の勢いに任せて声をかける
こういう風にテンション上げながら声をかけるのは良いんだけど
へらへら行くと帰って女子の反応が悪くなるので、
ある程度落ち着いた雰囲気を保ちつつナンパしてました
反応の感じは普通w
渋谷新宿とかと対して変わらず、
ギャル系の反応が悪いのはいつも通りでしたw
んで何人か空振りしたりバンゲしたりするのち
キャリーバックを引いている女の子がいたので声かけ!
おれ「さすがにこんばんは^^」
きゃりー「あ、こんばんは」
おれ「まさかの女一人旅ですか?」
きゃりー「ああ、まあそんな感じですね^^」
おれ「だと思った!めっちゃ一人旅のオーラでてたもん」
きゃりー「そうですか?」
おれ「でてたでてた。んであれでしょ?これからご飯どうしようかなって思ってた感じでしょ?」
きゃりー「はい、ご飯食べてから帰ろうと思ってましたー」
おれ「だと思った!じゃあおれもまだだから一緒に食べよう。せっかく上野来たんだしさ」
こんな感じで連れだし!
上野まったく分からなかったので、
とりあえず目にとまったつぼ八に入りました。
これまたつぼ八に連れ出すの人生初です笑
【女子データ】
・女子大生
・21歳
・就活は終わった
・明日は内定先の研修だ
・まだ内定先には納得していない
・新潟在住
・就活は余裕だった
・男には興味ない
男に興味ないっていう女の子に限って実はえろえろだったりするのは気のせいでしょうかw
まあでも田舎だし、出会いも少ないのでしょう
今回は特別に僕が抱いてあげるよ的な上から目線マインドで接しました
akbの総選挙の放送を横目で見ながら
トークを進めます
この子は今後もう会えないだろうと思ったので
居酒屋時点からちょいちょい身体に触っときました( ̄▽ ̄)
んで居酒屋でる
近くにあったカラオケ打診
きゃりー「初対面の人とカラオケとか個室に入ったらダメって地元では言われてるから無理」
あ、そうw
※ポイント
新潟出身の女子はナンパマンとの個室行きはNGと教育されている

しょうがないので駅まで見送り→ハグだけして終了
次々!
今度は場所を移して駅前を中心に声をかける
反応は悪くないけど大した手応えもなく時間だけが過ぎていきます
22:00
前から歩いてきたショートカット女子にアタック!
おれ「こんばんは。どうも、こんばんはでーす」
ショート「はい?」
おれ「(うわ結構年イッてるかも)あ、あ、なんだか優雅に歩いてます、ね?」
ショート「そんなことないですよ^^」
おれ「いや、上野では一番だと思いますよ!いま飲み会かなんかの帰りですか?」
ショート「はい、そうですよー」
おれ「じゃあここでカフェでも一発イッテおきましょうよ」
ショート「ええ、どうしようかな…」
おれ「ここはお茶でも飲んで酔を覚ましてから帰りましょうそうしましょう」
確かこんな感じで連れだし!
も、カフェが見当たらずだったので適当にまた商店街を歩いて
結局カラオケに連れだしました!w
だってカフェなし、バーなしだったので仕方なく…
いきなりカラオケに連れ出すのは始めてですが
なんかイケそうな感じだったので
入ってから4分くらいでギラついてみる
ショート「いやん」
うん、まんざらでもない様子ですな( ̄ー ̄)
んで歌いながら手マン→歌の合間にべろちゅー
女の子の日ではないはずなのに、なぜか左手は真っ赤っ赤になりました(ノД`)
たぶん、おれの手マンは雑なのでしょう( ̄‥ ̄)
次からはもうちょっと丁寧にやってあげないとw
ってな感じで1時間を過ごして退店
即れそうだったけど
先ほど途中で抜けてきたナンパ師飲みのお金を払ってなかったので
一回Aさんのもとへ
ショートは改札前で待機させておく
23:30
再びショートのもとへ
いろいろと迷いましたが
基本的には
朝帰り即<<帰宅
なのでここは放流してもう家に帰ろうと思いましたw
が!
ショート「家に寄って行ってよ」
ショート「盛り上がった今しかないんじゃないの?」

と完璧にエロスイッチが入ってしまった様子w
まあでも即れるなら、と了承してこの子の家に行くことに
女の子の家にイッて即るのとか始めてですしね!
【女子データ】
・42歳
・バツイチ子持ち
・現在は一人暮らし
・30代の妻子持ち彼氏あり
・ドイツ帰国子女
・英語ぺらぺら
・若干メンヘラ
てな感じで元はすごく頭の良い人なんだろうけど
巡りあった男運がなかっただけで、
こうも不幸な人生に変わってしまうものかと思うようなオーラがありましたw
てか、おれの経験年齢で最年長w
バツイチも子持ちも初めて
でも、こういう自我が弱いタイプの女の子と即ってもあんまり意味ない…
というより、口説き落としたというわけではないので成長感はまるでゼロ
あんまりノリ気じゃなくなってきてしまいました
あと、この日は最初の飲みでビール3杯→つぼ八でビール2杯と日本酒2合→カラオケでビール1杯
と、おれにしてはかなり飲み過ぎてしまい、若干気持ち悪く頭も激しく痛い。。
向こうの部屋についてからもこのまま寝ようかとも思いましたが
向こうが寂しそうだったので即っておきました
というより、即られました!笑
下手だけど部屋の写真も撮ってみましたよ
写真
その後はそのまま普通に終われば良かったんですが
酔がすごくて結局吐きました(´Д` )
相手にも水やら栄養ドリンクやら買ってもらって
最後は完全に下の立場になってしまいましたが、
次の日の朝途中乗り換えの駅で吐きながらも
なんとか即れた、否、即られた週末でした
れん

恋愛を制するものは人生を制す

 
僕は23歳から女性にモテる能力を高める『鍛恋活動』を始め、
これまで累計100人以上の女性とベッドを共にしてきました。
 
そう言うと
 
「お前はどうせもとからイケメンで、
しゃべるのも上手かったんだろ?」
 
と思われるかもしれません。
 
ただ、僕はもともと女性にモテていたわけでも、
イケメンだったわけでも、
ましてやしゃべるのが得意だったわけでもありません。
 
むしろ真逆。
 
スポーツや勉強、すべてが平凡で自信のない、
ただのコミュ障。
 
おまけに23歳まで彼女ナシ、素人童貞という
吉粋の『非モテ男子』でした。
 
ただ、そんな僕も今では
モデルや女優のような美しい女性とデートやセッ○スを存分に楽しめるようになりました。
 
そして、誰もが羨む美女を彼女にでき自信がついたことで、
今ではモテるだけでなく独立起業することにも成功しました。
 
恋愛もビジネスも結局は
「慣れ」なんですよね。
 
美女と話すことに慣れて、
どんな時でも男らしく堂々と振舞えるようになれば、
誰でも必ずモテるようになるということです。

 
そこで、もしあなたが女性問題を解決し、
人生を変えることに興味があれば、
 
僕たいこうが雑魚過ぎたメンタル(=「心体力」)を鍛え直し、
過去のひどすぎた女性コンプレックスを解消した過程を公開しているので
下記の記事をぜひ読んでみてください。
 
23歳素人童貞からモデル級美女を彼女にし、100人切りを達成できた僕たいこうの理念
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
下記画像をクリックして『鍛恋道場入門編』の詳細を見てみる
ccmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA