デート2本と雑感

今日はデート2本!
まずはランチから。お相手は先週スタバで勉強しているときに声をかけた23歳保育士。
結論から言うとあまりフィーリングが合わなかったという印象。
そして残念ながら自分にお店チョイスも悪かった。
まず13:00に待ち合わせをしたものの、相手はあまりお腹が空いていなかったらしく、ランチメニューの中からいしか選べないお店を選んでしまったこと。
ふたつめに、線路の下にあるお店だったため、時折騒音がうるさかったこと。
結局盛り上がりにかけ、ランチ後は相手が好きなディズニーストアをふろついて解散。
反省点は、まず相手の状態を知ってからお店を選ぶこと。
そのために店の候補は複数用意しておくこと。
2本目は18:00に待ち合わせ、お相手は24歳OLで、これも先週ナンパした子。
途中用事があるらしく、目星をつけていた駅からちょっと歩くお店を断念。急遽近場のフライデーズというお店に入る。が、これが大失敗。相手はあっさりしたものが食べたかったらしいが、ここはコテコテのものしか置いておらず、値段も高かった。その影響もあってかトークも弾まず、焦り始める。
相手がちょっと用事があることで、思い切ってお店を変えることに。
無難な金の蔵をチョイスし、気を取り直して飲み直しスタート。
すると今度は案外話が進み、向こうも彼氏と喧嘩中であること、最近はナンパによくついていくなどのことを打ち明けてくれた。お互い同い年ということもあり仕事の悩みや将来のことなど話しつつ、1時間程度で店をでる。
そこからさりげなく手をつなぎ、満喫に誘導。手をだそうとするも中途半端ないちゃつきで終わり、「声がでちゃうから」とのことだったので、ラブホに移動。
お互いお風呂に入ってからちゅっちゅしーの、いざ挿入!と思いきや、た、勃たない汗
結局挿入はできず、口でしもらいーの。最後は自分で処理しました笑
案外自分の方が緊張していて勃たないとか悲しい。でもここまでいけたから、後は対局の技術も高めたいと思いました。
相手にも夜遅く付きあわせ、かつ彼氏持ちということもあり、最後は申し訳ない気持ちでいっぱいになった。
向こうは別れ際は元気がなさそうだったので、悪いことをしたな。
対局は、「相手を悲しませてまでするものではない」と再認識。
もっとお互いが満足できるような対局を目指したい。
それにはもっと出会いを量産していかねば。
今週はデートに失敗続きでどうなるかと思ったけど、最後の最後に結果はだしました。
今後もこれを継続してきたいな。
れん

恋愛を制するものは人生を制す

 
僕は23歳から女性にモテる能力を高める『鍛恋活動』を始め、
これまで累計100人以上の女性とベッドを共にしてきました。
 
そう言うと
 
「お前はどうせもとからイケメンで、
しゃべるのも上手かったんだろ?」
 
と思われるかもしれません。
 
ただ、僕はもともと女性にモテていたわけでも、
イケメンだったわけでも、
ましてやしゃべるのが得意だったわけでもありません。
 
むしろ真逆。
 
スポーツや勉強、すべてが平凡で自信のない、
ただのコミュ障。
 
おまけに23歳まで彼女ナシ、素人童貞という
吉粋の『非モテ男子』でした。
 
ただ、そんな僕も今では
モデルや女優のような美しい女性とデートやセッ○スを存分に楽しめるようになりました。
 
そして、誰もが羨む美女を彼女にでき自信がついたことで、
今ではモテるだけでなく独立起業することにも成功しました。
 
恋愛もビジネスも結局は
「慣れ」なんですよね。
 
美女と話すことに慣れて、
どんな時でも男らしく堂々と振舞えるようになれば、
誰でも必ずモテるようになるということです。

 
そこで、もしあなたが女性問題を解決し、
人生を変えることに興味があれば、
 
僕たいこうが雑魚過ぎたメンタル(=「心体力」)を鍛え直し、
過去のひどすぎた女性コンプレックスを解消した過程を公開しているので
下記の記事をぜひ読んでみてください。
 
23歳素人童貞からモデル級美女を彼女にし、100人切りを達成できた僕たいこうの理念
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
下記画像をクリックして『鍛恋道場入門編』の詳細を見てみる
ccmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA