鍛恋-ナンパで恋愛を制するものは人生を制す

ほぼ100%相手にされない→出会った即日セック○できるようになるまで

この記事は3分で読めます

 

素人童貞だった頃の「非モテマインド」                                         

 

素人童貞だった頃の僕はよくデートが決まるだけでもウキウキして計画を念入りにするようにしていました。

 

 

 

場所を決めお店の候補を相手に投げ、そして予約して入店。

会話も女性になるべく気持ち良く喋ってもらえるように質問を多くして展開。

 

 

 

最後は駅まで送って手応え感じて帰宅→音信不通or反応が激悪くなるw

ということがよくありましたw

 

 

 

もうありすぎてそろそろ1クラスの女子全員に振られたんじゃね?と思うくらいにw

いや、そもそも告白する段階にすらいけてないわけなので振られたという表現はおかしいのですがw

 

 

 

会っているときは相手もそれほど嫌な顔してなかったのになんでだよ!

 

 

 

という情けない心の叫びをどこにもぶつけられず悶々とする日々でしたw

 

 

 

また当時辛かったのは、原因が自分で考えても分からなかったこと。

 

 

 

原因が分からないから前に進もうにもなかなか改善できないw

同じことの繰り返しw→という負のループだったわけです。

 

 

 

適当にネットで情報収集→実践しては撃沈を繰り返す

 

自分で考えてもどうしようもなかったので、色々とネットで情報検索しながら手当たり次第に書いてある恋愛テクニックを使う→音信不通になるw

 

 

 

ということを繰り返していたのでしたw

 

 

 

当時は鬼のように悩みました。

一体おれの何が悪いんだよ!ってw

 

 

 

ただ、鬼のように失敗していき、恋愛商材なども購入して絶えず情報収集していくことで朧気ながら原因も見えてきました。

 

 

 

確かに僕は僕なりに工夫してトークを重ね、次のアポにつなげるように努めてきました。

 

 

 

でも決定的に足りないものがあったんです。

 

 

 

非モテの僕に欠けていた「女性に嫌われてもいい」というマインド

 

積極的に出会いをつくる機会は作っていたものの決定的に足りなかったのは

「告白・ホテル打診」などクロージングです。

 

 

 

なぜ告白・ホテル打診をすることが重要なのか。

 

 

 

それは打診をすることによって自分の大きな原因が見えてくるからです。

僕の場合、一番大きな問題は自分の何がいけないのかが分からなかったこと。

 

 

 

それを探るためには、告白やクロージングをして女性が自分をどう思っているのかという核心に徹底的に迫る必要があったんです。

 

 

 

でも、当時の僕はそれができていなかった。

 

 

 

なぜか。

 

 

 

怖かったんです。

女性に嫌われることが。

 

 

 

 

これまでまったく女性に縁遠い生活を送ってきた僕に染み付いてしまった非モテマインドでしたw

 

 

 

確かに、大したトーク力もなく、女性経験もない自分がクロージングしたところでNGをもらうことは確実でしょうw

 

 

 

でもそれを恐れていたのでは、いつまでたっても付き合う・セックスするなんてことはできないわけです。

 

 

 

「美人の隣にいるのは、美人に告白できたものだけである」

 

 

 

どっかの誰かが言っていたセリフですが、これは核心をついています。

 

 

 

これ以上押したら嫌われそうだから

もともと食いつきがよくないから

 

 

 

確かにクロージングしない理由をつければいくらでもでてきますし、それらは正しいです。

 

 

 

でも女性にNGをもらうことで、自分に足りないものが見えてきます。

嫌われても大丈夫という強靭なマインドもセットでついてきます。

 

 

 

その時僕は他の男子に比べて圧倒的に足りない女性経験を積まないといけないとはっきり自覚しました。

 

 

 

だから僕はストリートナンパを始めたんです。

 

 

 

声をかけまくり女性にNGをもらい続ける日々を経てマインドも強くなることで

出会ったその日のうちにセックスできるようになっていくのでした。

 

 

 

 恋愛を制するものは人生を制す


僕は23歳の頃からナンパを始め、
これまで累計100人以上の女性とベッドを共にしてきました。


そう言うと

「お前はどうせもとからイケメンで、
しゃべるのも上手かったんだろ?」

と思われるかもしれません。


ただ、僕はもともと女性にモテていたわけでも、
イケメンだったわけでも、
ましてやしゃべるのが得意だったわけでもありません。


むしろ真逆。


スポーツや勉強、すべてが平凡で自信のない、
ただのコミュ障。

おまけに23歳まで彼女ナシ、素人童貞という
吉粋の『非モテ男子』でした。


ただ、そんな僕でもナンパを始めてからは
道行く美女に堂々と声をかけられるようになり、
彼女らとデートやセッ○スを存分に楽しめるようになりました。



そして、美女をゲットし自信がついたことで、
今ではナンパだけでなく独立起業することにも成功しました。


恋愛もビジネスも結局は
「慣れ」なんですよね。


美女と話すことに慣れて、
どんな時でも男らしく堂々と振舞えるようになれば、
誰でも必ずモテるようになるということです。



そこで、もしあなたが女性問題を解決し、
人生を変えることに興味があれば、

僕たいこうが雑魚過ぎたメンタル(=「心体力」)を鍛え直し、
過去のひどすぎた女性コンプレックスを解消した過程を公開しているので
下記の記事をぜひ読んでみてください。




23歳素人童貞から100人切りナンパ師になれた僕たいこうの理念



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



下記画像をクリックして『鍛恋道場入門編』の詳細を見てみる


ccmail









 著者プロフィール

たいこう

23歳まで素人童貞だった元非モテ男。このままじゃ男として0点以下の人生になると思い、一念発起してストリートナンパを開始。
ガンシカ・罵声・年下に舐められる等数多くの悔しい思いを経験。

それでも凄腕のナンパ師の助力や素晴らしい女性との出会いもあり、遂に自分が心から納得できる女性をゲット。理想の人と付き合うことの充足感を知る。

ナンパ活動を通じて、人生を前に進めるメンタルの強さ=「心体力」を鍛えることが人生の肝と悟り、現在は一人でも多くの人生を前向きなものにするために活動中。

詳しくはコチラ

あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


著者プロフィール

はじめまして!たいこうと申します。

僕は23歳まで素人童貞という、正真正銘の非モテ男でした。
  
「このままじゃ男として0点以下の人生になる」
  
そこから、一念発起してストリートナンパを開始し、今では累計100人以上の女性と関係を持つことに成功しました。
  
結果、自分でもビビるくらい自信がつきまして、現在は独立起業してナンパ以外にも好きなことにチャレンジしまくる自由な日々を送っています。
  
そんなの嘘だと思いますよねw
  
ただ、そう思われたあなたにこそ、このような世界が実在するということを知ってもらいたいです。
  
もっと詳しく僕やナンパについて知りたい方は、下記の記事を読んでみてください。
  

↓↓↓↓↓

23歳素人童貞から100人切りナンパ師になれた僕たいこうの理念

ナンパ初心者の方におすすめ

スポンサードリンク

RETURN TOP