【渋谷アポ】 VS 20歳風俗嬢

最近可愛い子からバンゲしたはずなのに
なぜかLINEにはでてこなく困っているれんです。
バンゲした後って、基本的にはメールのやりとりするんだけど
番号だけだとショートメールしかできない子がいるんですよね。
だからLINEでやりとりすることが多いんですが、
たまに番号登録してもLINEでてこない子とかもいるんですm(_ _)m
電話はかけるタイミングが難しいので困っているところです。
今日は先週の土曜にアポってきたのでその報告
【女子データ】
・貞子(黒髪ロングで雰囲気ちょっと怖いw)
・20歳
・都内で一人暮らし
・ヘルス嬢(最初は居酒屋店員と言ってたw)
・黒髪ロング
・来年は成人式
・お酒大好き
・自転車で出勤したい
ナンパしたのはたぶん5月でこの時はスタバに連れだしだけでした
なので約1ヶ月ぶりのアポですが、
今回のアポ取りの流れはこんな感じ!
アポとり2
ホントは居酒屋→個室が理想のパターンなんだけれど
あんまり反応がよろしくなかったので、相手が自転車に興味があるということで
サイクリングショップ見に行こう!と提案してのアポです。
まずサイクリングショップ巡りでラポール構築→居酒屋→個室
を考えました
うむ、完璧な流れ( ̄▽ ̄)
16:00
渋谷で待ち合わせ
まずは適当に調べておいたサイクリングショップを巡ります
あ、因みに僕は自転車には1ミリも興味ありません
でも普段街歩きとか買い物は好きなので
原宿のサイクリングショップとかは事前に知ってたんですね( ̄▽ ̄)
まあ、こういう風にお店とか知っとくとアポるときに有利なんだなーってことを考えながら適当にトークしてましたw
※ポイント
おしゃれなお店とか女子の好みそうな店を知っておいて損はない。むしろアポる時に有利

でも歩きながらのアポは辛いですねw
特にもうここ最近暑くて歩きまわってるだけで疲れるw
途中スタバをおごってもらいながら(なぜかおごってくれた)適当に街を歩きます
原宿通り
途中、軽く下ネタを振ってみましたが、
完璧にスルーされました( ̄▽ ̄)
おれ「このお店不思議な名前してるよ、なんて読むのこれ?ちんちんじゃない?ねえほら?ちんちんでしょ?ちんちんちんちん」
貞子「私下ネタはスルーするから」
TINTINショップ
すみませんw
んで、歩きながらいつものように適当に話してたらいつのまにか和んでました
おれ「疲れたね暑いし。ちょっと一杯くらい飲んでいこうよ」
貞子「いいよ!あっさりしたものが食べたい^^」
うむ、いまのところ計画通りの流れですな( ̄▽ ̄)
18:00過ぎ
原宿から程近い表参道のしゃぶしゃぶ屋にin
ところが入ってからメニュー見てびっくり!
たけえw
適当に食べログとか見ながら探してトップにでてきたお店だったんですが
普通に単品の単価1200円とかですからねw
完璧にお店を間違えた・°・(ノД`)・°・
アポで多少お金が飛ぶのは仕方ないと思ってるけど
極力安く済ませたいのが本音だもんね
ナンパ師はデートする数が違うのです(`・ω・´)キリッ
※ポイント
食べログのレビューは疑ってかかれ!

ただ雰囲気は落ち着いていたので、話やすかったと思います
主に話した内容は
・近況のこと
・仕事のこと
・友人関係、男関係について
・休みの日は何をしてるのか
だったような気がします
最初は居酒屋店員だと思って話を進めていましたが、
・週5しか入ってないのに、都内の良いところに一人暮らし
・シフトはだいたい深夜から朝まで
など何かおかしいなーと思いながら聞いてみると
貞子「私ホントは居酒屋じゃないんだ。あんまり職業のことは言いたくない。。」
だいたい職業のこと言いたくないって場合は風俗ですよねw
ちょっと掘り下げたら案の定風俗でした
だと思ったぜ!
どうやらお店のナンバー2のようですが、
そんなことはどーでもいいそうです。
話を続けます。
途中、ジャブで
「結婚しよう」
「おれらもう付き合ってるよね?」
「今年から一人暮らしするから一緒に住もう」
等の話をしておきましたが反応は上々!
笑いながら
貞子「うん、いいよー^^同棲しよ!」
とか言ってきたので
ヘマしなきゃイケそうな気がしてきますよね ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
19:30過ぎ
お決まりの「そろそろでようか」の後
おれ「ちょっと飲み足りないよね。もう少し飲もうよ、ほら貞子こないだ綺麗なグラス買ったんでしょ?それで飲もうよ」
貞子「いや、家は嫌。てか急にちゃらい。もう帰ろう」
しまった!
だいたいいつもこの大事なところの打診で妙に緊張して
気持ち悪く誘うので、こうなります
いつものパターンか。。
あと風俗嬢と分かった後の会話で
やたらと
「おれは普通の人だからさー、お金もないんだよ」
「おれは普通だから、そんなとこに一人暮らしできないわ」
「おれ普通だから……」
「おれ普通だから…」
と連呼していたらしく
貞子「自分のこと普通普通って言うのやめてよ!私だって普通なんだから。好きでこんな仕事してるんじゃないもん。。」

と怒っておられました( ̄▽ ̄)
たぶん、風俗嬢と分かった時点で妙に見下してた感じが相手に伝わったのでしょうw
※ポイント
風俗嬢=軽い女のイメージで攻めると痛い目にあいます

んでカラオケも漫喫打診するもだめとのことだったので
表参道〜南青山あたりを手をつなぎながら散歩してこの日は終わりました。
風俗嬢とがっつり飲むのは初めてだったんだけど
いろいろと勉強になりましたね。
たぶん、普通の女の子以上に「軽い女」って見られるのを嫌う印象がありました
風俗の仕事に後ろめたさを感じない子なら良いんだろうけど
たぶんこの子はそういうのを気にするタイプだったんだろうな
もう少し対等な立場でのトークを意識してれば…
もう少し打診に余裕を持っていれば…
いやー、また負けたわ!
でもその後のメールのやりとりはまあ順調なので
隙を見てアポって次こそは倒したいと思います。
風俗仕込みのテクニックも味わってみたいしね( ̄‥ ̄)
さて、そろそろ夏本番だけど
今年は花火とかお祭りとかイベントナンパ行ってみたいなと思ってるれんでした。
れん

恋愛を制するものは人生を制す

 
僕は23歳から女性にモテる能力を高める『鍛恋活動』を始め、
これまで累計100人以上の女性とベッドを共にしてきました。
 
そう言うと
 
「お前はどうせもとからイケメンで、
しゃべるのも上手かったんだろ?」
 
と思われるかもしれません。
 
ただ、僕はもともと女性にモテていたわけでも、
イケメンだったわけでも、
ましてやしゃべるのが得意だったわけでもありません。
 
むしろ真逆。
 
スポーツや勉強、すべてが平凡で自信のない、
ただのコミュ障。
 
おまけに23歳まで彼女ナシ、素人童貞という
吉粋の『非モテ男子』でした。
 
ただ、そんな僕も今では
モデルや女優のような美しい女性とデートやセッ○スを存分に楽しめるようになりました。
 
そして、誰もが羨む美女を彼女にでき自信がついたことで、
今ではモテるだけでなく独立起業することにも成功しました。
 
恋愛もビジネスも結局は
「慣れ」なんですよね。
 
美女と話すことに慣れて、
どんな時でも男らしく堂々と振舞えるようになれば、
誰でも必ずモテるようになるということです。

 
そこで、もしあなたが女性問題を解決し、
人生を変えることに興味があれば、
 
僕たいこうが雑魚過ぎたメンタル(=「心体力」)を鍛え直し、
過去のひどすぎた女性コンプレックスを解消した過程を公開しているので
下記の記事をぜひ読んでみてください。
 
23歳素人童貞からモデル級美女を彼女にし、100人切りを達成できた僕たいこうの理念
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
下記画像をクリックして『鍛恋道場入門編』の詳細を見てみる
ccmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA