【有楽町ナンパ→爆乳韓国人即】連れだしから家に連れ込むまでの”つなぎトーク”

こんばんは!たいこうです。

 

最近、仕事が忙しいのを言い訳に活動していませんでしたが、

「この暑くも寒くもない快適な時期にしなかったら一生せんやろw」と意気込み週1回は街にでるようにしています。

 

ちなみになぜ関西弁になっているかは不明ですw

 

でている曜日は圧倒的に金曜日が多いですねw

次の日休みだと遅くまでできますし。

 

ということで今日は先日粘って即った記事を!

僕がナンパ始めた当初できなくて悩んだ、家やラブホ打診・そこに至るまでのトークにフォーカスして書いていいきたいと思います。

 

 

 

目次

 

連れだすまで〜モチベーションの上げ方・ナンパの入り方〜

 

連れだし後〜即のニオイを嗅ぎ分ける方法〜

 

退店後〜退店からラブホ・家に向かうまで〜

 

 

 

連れだすまで〜モチベーションの上げ方・ナンパの入り方〜

 

華の金曜日

 

22時頃

有楽町に降臨

 

 

最近仕事が忙しくなってきたため、でる時間がかなり遅めですw

でもとりあえずナンパ0にするのではなく、0.5でも活動しないと、目標達成できないと思って最近は重い腰をあげて活動しています。

 

ネットナンパもやっているのですが、面白くないんですよねw

 

たくさんの人とマッチングしてメッセージするより、僕は街にでて声かけすることを選ぶ。

その方がしっくりくる。

この活動を頑張っていれば、目標を達成することができそうな気がする、そんなイメージがあるからストリートでナンパしているのです。

 

そんなことを考えながら職場を出て食事を済ませ、準備は万端です!

 

ちなみに有楽町とスーツナンパの相性は抜群です。

 

コリドーもありますが、ソロなら断然駅前広場です。

 

 

5人くらい声をかけガンシカは0。

2バンゲほどして20分くらい休憩→を繰り返します。

 

「有楽町や銀座の街は座るベンチもたくさんあって快適だなあ」

 

などと呑気に考えている中、一人の服の上からでも胸の形の分かる綺麗な女性が通ったので声かけ

 

「こんばんは!」

 

→ナンパで大事なのは言葉よりもニュアンスやそれに準じた雰囲気です。少し相手の前に立ち、視界に入ったタイミングでかける声かけがベストポジション&ベストタイミングです。

 

「はい?(イヤホンしながら顔だけこっちに向ける)」

 

「あ、優雅に歩いてる人いると思って!」

 

「いやいやそんなことないですよw」

 

「そんなことありますよ!飲み帰りですか?てか飲み帰りですよね、なんかフラフラしてるし」

 

→相手の表情、持ち物、動作など最初は相手の観察からネタに使えるものは積極的にフっていきましょう。そしてそこから広げる。単発の質問を乱発するとどんどん心を閉ざしていくので要注意です。

 

「ん〜、てか私日本人じゃないから日本語分からないよ?」

 

 

 

連れだし後〜即のニオイを嗅ぎ分ける方法〜

 

そんなこんなで雑に粘りながら東銀座の方まで歩いてしまいました…

 

 

粘るか放流するかの基準は細かい打診への反応で判断します。

 

並行トークは盛り上がって話が続く→けど細かい打診に対しては反応が鈍い

 

ような人は、話してるけど結局最後のところNGとなりやすいので、和んで3回程度打診し無理なら諦めて次の人にいくようにしています。

 

あんまり長く並行トークして遠くに行っても、戻るのに時間かかるし体力も使うし大変なのです。

特にこれから夏本番を迎えるにあたって、いつも以上に体力使うのでその点を注意して僕は取り組んでいます。

 

んで今回は「細かい打診に対して嫌そうではなかったので、そこまで話は盛り上がっていないが粘ってついて行き結果的に連れだした」になります。

 

 

 

 

バーでのトークから、というより連れだしまでの並行トークから

「この子はイケるなー」

 

と何となく思っていました。

 

連れだしの打診に対しての反応は「行かない」「帰る」など否定的な言葉が多かったのですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際そんな嫌そうじゃなかったんですよね( ̄▽ ̄)

 

女性の言葉=相手の本音と捉えると痛い目に会うことを僕は経験上知っています。

 

逆に自分に好意的な言葉を言ってきても、実際会う約束取り付けようとしたら音信不通になった、何てことを何度も経験してきています。

 

あくまで見るのは相手の反応。

言葉は参考程度、に僕はしています。

 

そんな形で、言葉では否定的だが本音はそこまで嫌じゃない、寧ろ好意があるのを僕に悟られないように無意識にしている、と判断。

 

この手のパターンはゲットしやすいと、僕の過去の経験上から判断しました。

 

入ったバーではそれほど話をしていません。

 

もうゲットできそうだなーと感覚で思っていたので、それを確かめるためのトークをしました。

 

具体的には

 

・キスしよ

・今から付き合おう

 

などの好意的なワードをいくつか放り込んで反応を見ることです。

上記をやる場合はリスクもあるので、ある程度冗談っぽく投げてみます。

一度くらいならマイナスな印象を与えても巻き返せるのでw

 

序盤の和みトーク→確かめトークに移行しました。

 

もちろん今回の反応は「悪くない」です。

 

前と同じく言葉は否定的ですが、実際はそれほど嫌そうじゃなかったです。

 

 

 

退店後〜退店からラブホ・家に向かうまで〜

 

それが判断できればとっとと退店しましょう!

 

30分くらいで店をでます。

 

帰り道とは逆方向に

腰に手を当てながら誘導します。

 

そしてある程度言ったところでキス→OK。

 

ということで、後はラブホなり個室に行って仕上げるわけですがw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

銀座有楽町はラブホがない・°・(ノД`)・°・

 

んです。

 

なんでですかね。

絶対需要あると思うんですよ。

 

銀座も有楽町も新橋も、飲み屋たくさんあるじゃないですか。

デートの流れでラブホ、なんて全然ありそうなのに…

 

がそんなことを言っても仕方ないので、一旦新橋を目指すことに。

 

ちなみにもし移動せず即を目指すとしたら

有楽町・銀座→カラオケか漫喫

になります。

 

有楽町も実は通り沿いに一つ漫喫があるんです。

 

今回は即を目標にしていたので新橋のレンタルルームを目指すことにヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

 

「タクシー乗ろう!」

でタクシーに乗り込みました。

※今は都内のタクシーも初乗り410円なのでおすすめ

 

23時頃

新橋に到着。

 

 

レンタルルームまで行くのですが、タクシーを降りたのが駅の反対側だったのでかなり歩きましたw

 

この間のトークは和むことに重きを置いています。

行き先などは明確に告げず、かつそれとなく雰囲気は伝え、和みトークの展開を意識しています。

 

行き先は相手に聞かれない限りは言わないことにしていますが、

まさかラブホや家に行くと思っていなかった子はびっくりしてドン引いてしまうのでどこ向かうのかの雰囲気はそれとなく伝えます。

 

今回は飲み屋の時点でもうある程度雰囲気は伝えていたので、特にどこかを告げることもなく誘導しました!

 

5分ほど歩いてレンタルルーム前

 

 

「ここ入ろ」

 

「え、嫌!私帰る」

 

マジかm(_ _)m

 

僕ね、レンタルルームで即ったことないんですよw

ラブホより怪しげだからですかね?

ナンパ引退するまでに一度はレンタルルーム即!とか言ってみたいです。

 

ということで帰ると言い出した子をなだめるために開放トーク!

 

「何で帰るの?」

 

「もう終電も近いし帰りたい」

 

「いや、おれはもうちょっと一緒にいたい」

 

→ここはある程度強気に自分の意見を主張すべきタイミングです。

 

「えーでもこれからもう終電g」

 

→本当は向こうもOKなのに断り文句を言ってくるときはもう一度チューしましょう

 

「じゃあ新宿来よう、公園もあるし散歩しよう!」

 

→新宿に家があることは予め伝え済み。家においでとストレートに言わず、あくまで散歩として新宿に来させることにしました!

 

んで一緒に山手線へ。

 

新橋から新宿まで約30分。

家までの距離を考えたらさらに15分。

 

女の子の気持ちを冷めさせないための、長いつなぎトークの始まりです。

 

 

ただ、山手線で家の最寄り駅まで来ることにもう同意しているので、既にある程度出来上がっている状態です。

後は冷めさせないためのトークを続けるだけです。

 

話題の基本は自分のこと、相手のこと、周囲のもの、です。

 

例えば

「このバッグ最近みんな持ってるよね〜。何でこれ選ぶの?」

→これに+して自分のカバンの話、いくらくらいしたのか当てるなどゲーム要素を入れて会話にする。

 

「てかあの人顔めっちゃ赤いね。そういえばお酒強いんだっけ?」

→山手線の終電近くなので酔っ払ってる人が車内にはたくさんいます。それらを利用してトークにします。

 

上記のような感じで会話を広げながら家まで向かいました。

 

途中

 

「やっぱりここで降りて乗り換えて帰る」系の発言もありました。

 

が!

 

焦らず「このまま乗ってても一周するだけだし帰れるよ〜」と流してまた和みトーク、の流れで凌ぎました!

 

この部分はスキルというより、根気や気持ちの問題です。

 

ただあまりにも和みトークだけを50分も続けるとそれはそれで飽きてくるので、

家までの道のりの途中、不意にキスをしたり肩を寄せて抱きしめたり、行動で緩急をつけて家まで持たせました。

 

家にinしてから

 

 

で即完了!

 

Fカップの爆乳だけでなくフェラチおも上手ですっきり満足!なセックスを堪能しました。

 

達成感も加わるので尚更ですね。

当日朝AVを見てオナニーしてしまったことが悔やまれますねw

 

これから夏本番迎える前、出撃を習慣づけて漢の経験値を上げていきましょ!

 

ブログの解説見てもまだしっくり来ない人や単純に感想など送ってもらえるとすごく嬉しいのでお待ちしています^^

コメント欄でもいいので!

全部返信します!

 

ではでは〜!

 

恋愛を制するものは人生を制す

 
僕は23歳から女性にモテる能力を高める『鍛恋活動』を始め、
これまで累計100人以上の女性とベッドを共にしてきました。
 
そう言うと
 
「お前はどうせもとからイケメンで、
しゃべるのも上手かったんだろ?」
 
と思われるかもしれません。
 
ただ、僕はもともと女性にモテていたわけでも、
イケメンだったわけでも、
ましてやしゃべるのが得意だったわけでもありません。
 
むしろ真逆。
 
スポーツや勉強、すべてが平凡で自信のない、
ただのコミュ障。
 
おまけに23歳まで彼女ナシ、素人童貞という
吉粋の『非モテ男子』でした。
 
ただ、そんな僕も今では
モデルや女優のような美しい女性とデートやセッ○スを存分に楽しめるようになりました。
 
そして、誰もが羨む美女を彼女にでき自信がついたことで、
今ではモテるだけでなく独立起業することにも成功しました。
 
恋愛もビジネスも結局は
「慣れ」なんですよね。
 
美女と話すことに慣れて、
どんな時でも男らしく堂々と振舞えるようになれば、
誰でも必ずモテるようになるということです。

 
そこで、もしあなたが女性問題を解決し、
人生を変えることに興味があれば、
 
僕たいこうが雑魚過ぎたメンタル(=「心体力」)を鍛え直し、
過去のひどすぎた女性コンプレックスを解消した過程を公開しているので
下記の記事をぜひ読んでみてください。
 
23歳素人童貞からモデル級美女を彼女にし、100人切りを達成できた僕たいこうの理念
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
下記画像をクリックして『鍛恋道場入門編』の詳細を見てみる
ccmail

3 件のコメント

  • エルヴィン より:

    久しぶりのブログ更新楽しみにしておりました。
    相変わらず勉強になる記事でした。
    特に、形式グダのときはチューをする、というのは新しい発見でした。次の更新も楽しみにしております。

    • taikou taikou より:

      >>エルヴィンさん
      お待たせしました!w参考になって嬉しいです。ぜひ試してみてください^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA