鍛恋-ナンパで恋愛を制するものは人生を制す

【ペアーズ即-ラブホグダを突破せよ】VS いいね380越えエロ歯科助手

この記事は9分で読めます

「嫌だ。ラブホには行かない」

 

「……」

 

しっかり和んだはずなのにいったいどうしたものか。

 

僕はこの気まずい状況を打破すべく、最後の攻勢にでるのだった…

 

 

 

 

 

 

いきなりなんのこっちゃとお思いの皆さん。

 

どうも。上記は今回のアポのクライマックスシーンです。

 

ここ最近季節の変わり目で体調を崩し、なかなかナンパできていませんでした。

 

今回は体調不良で出撃できないときでもアポを生み出すネットナンパ(今回はペアーズ)実践記を書いて参ります(`・ω・´)ゞ

 

マッチング〜アポまで

 

今回いいねは向こうから来ました!

 

■僕のスペック

いいね30

 

■相手のスペック

いいね383

 

※知らない人のための解説

ペアーズとは?

マッチング制・Facebookと連動した出会い系アプリ

気になった異性に男女共に「いいね」を送り、相手の了承が得られたらメッセージ交換ができる仕組み。(美人な女性ほどいいねが多い。平均50〜200/月程度)

 

以前は女性から自分にいいねをもらった数が多い方がマッチングしやすいと聞き、

人力で女性に大量に足跡をつけ(週に400人程度)160いいねくらいもらっていた時期がありました。

 

が!

 

もらういいね数が多くともハイレベルな女性とまったくマッチングしないと気づいたため、今は足跡をつけることをまったくやっていませんw

 

それでも写真とプロフィールの中身を改善することで、

今ではいいね1000超え、2000超え、最多で5000超えのの子ともマッチングするようになりました。

 

■マッチングしていなかったときのプロフィールとは?

万人受けするプロフィールにしていました。インドアアウトドア両方いけます、みたいな。

ただそれだど、いいねはもらえてもなかなか自分好みのいいね多い子とはマッチングしないんですよねw

 

■どうすればマッチング率を高められるのか

自分のこだわりや活動、インドア一切興味なしくらいのニュアンスで仕上げ、以降いいね数の多い子ともマッチングするようになりました。

 

いいねをたくさんもらえるプロフィールとマッチングしやすいプロフィールは別なのです!

 

話を戻しますw

 

いいねをくれたのは相手=この時点で自分に興味がある

 

なので、比較的やりとりはスムーズに進みました!

 

 

image1

 

image2

 

 

このようにメッセージのやりとり→電話→アポ

 

となりました。

 

今回意識したのは

■メールのやりとり

・返信のスピードを揃える

→比較的相手の返信スピードが早かったため、こちらも早めのレスポンス

・電話にすぐ誘導

→コミュニティに「電話OK」とあったので早めに電話に誘導

 

■電話でのやりとり

・相手のタイプ見極め

→冒頭5分くらいで思った印象

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

めちゃくちゃ話すなこいつw

 

 

 

いや、初めての電話なのに90%くらい向こうが話してましたからねw

 

質問などはほとんどなしw

 

ここから

この子には自分で話題を作っていく、というより相手の話に合わせることがラポールを築きやすいと判断。

 

また恐らくメンヘラ気質・寂しがりやであろうことが推測できました。

↑ここがかなり重要

 

■多数の男子から誘いのあった日曜日にアポ獲得

 

約90分の攻防を終え、多数の男子からの誘いがあった日曜日のアポを成立させました!w

 

今回の子に関しては相手の話をひたすら聞き、愚痴にも共感→ラポール構築

で合間にちょいちょい打診+笑わせるを組み込んでいきます。

 

90分かかったのは相手の話がむちゃくちゃ長かったからw

 

面白いことを言って盛り上げて興味を引かせるのが有効ではなく、相手の話をしっかり聞いてあげたことがポイントかと。

 

必ずしも面白いことを言えばいいわけでありません(`・ω・´)ゞ

最初で大事なのは相手に合わせることです。

 

待ち合わせ〜カフェまで

 

日曜日

 

15時頃

 

新宿駅で待ち合わせ

 

 

実は待ち合わせまでも攻防がありましたw

 

14時頃

 

「15時過ぎるかも」

 

「分かったー。おれも少し過ぎるかも。気をつけてね〜」

 

15時頃

 

「15時半でも大丈夫」

 

「おれは大丈夫だよー」

 

15時半頃

 

「ごめん。まだちょっとかかるかも」

 

「はいよ〜」

 

待ち合わせ時間に遅れる→また遅れるの連絡が立て続いたので

もしかしたらドタられるかなーっと一瞬思いました。

 

がこういうときは焦って連絡してもアポが遠のくだけなので

待ちのスタンスを貫いてます。

 

もしドタられたらストリートナンパすればいいのです。

 

16時近く

 

向こうから電話

 

「ごめんー。用事終わってもう大丈夫(>_<)」

 

当初の待ち合わせ予定から1時間過ぎましたが

ようやくアポスタートです!

 

16時

 

待ち合わせ場所が決まってから

こっちは待たされたので少し待ち合わせに遅れていきましたw

 

一気に主導権をとりにいくためですねw

 

「こんちはっす」

 

「こんにちは^^」

 

「どうも。なんか一発で分かったわw」

 

「嘘?分かった?」

 

「うん。服装で」

 

こんな感じで待ち合わせし、まずは近場のカフェを目指します。

 

 

「てか遅すぎでしょw」

 

「ごめーん。ショップの店員さんと仲良くて話してたら遅くなっちゃった(>_<)」

 

「おれより店員さん優先だもんなw」

 

待ち合わせに遅れてきたというネガティブな話題ながらもそれを利用して言い合える関係構築を目指すの儀ですね。

 

雰囲気重くしすぎないようなニュアンスが大事です。

 

んでビックロ近くのエクセルシオール入店。

 

カフェラテと自分は一番安いアイスコーヒー注文して席へ。

 

 

■女子情報

・歯科助手

・5年付き合い婚約していたことあり(後に破棄w)

→その間浮気経験もあり

・ネットやコンパなどで出会いには困ったことなし

 

 

とのこと。

 

浮気するようなところからも(それを公言するあたりからも)寂しがりやであることが伺えますよね。

 

寂しがりやな子の場合は、寂しさを埋めてくれるなら多少相手を選ばない傾向があります。

だから彼氏がいても、構ってくれないなどタイミングのいい時に言い寄られると関係をもってしまうと。

 

そんな子である印象を受けましたw

 

電話のときと同じで基本はずーっと向こうが一方的にしゃべることをひたすら聞いて、共感して、たまに突っ込んで、いじっての繰り返しです。

途中ちょいちょい自己開示を挟みつつ。

 

元彼の話、昔付き合ってた時浮気していた話などなど結構奔放に遊んでいる

かつそんなことを惜しげもなく自分に喋ってくる

そして自分を見る目がキラキラしている

 

 

 

ということは

 

 

 

 

 

 

はい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イケるでしょヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

 

 

退店〜ラブホまで

 

カフェに入って80分くらい

 

「そろそろでない?」

 

「どこ行くの?」

 

「今日は御苑も閉まってるだろうし、散歩でもいこ!」

 

でようやく退店!w

 

いや、本当はもっと早めに退店すべきなんですけどw

この子の喋りが止まらないのでなかなか退店まで時間使わされました。

 

でも、結果的にラポールとれてますし、何より相手の都合で長引いてしまった分には問題ないだろうと判断し少し時間をかけて退店に至りました。

 

「お手」

 

→手つなぎOK(握り返してくる)

 

これで勝利を確信した僕は、特に行き先をつげるでもなく歌舞伎町のラブホ街へ。

 

いやーあっけなかったなあ今回は。

やっぱネトナンってこんなもんか。

 

ここからラブホ街まで結構遠く(特に信号が長いw)10分くらいかかるのですがw

その間も相手がかなり話すので適当に相槌を打ちつつテンションキープ。

 

僕の鼓動は高鳴っていました。

 

 

 

だって

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう即は目の前なのですヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

 

 

 

長い長い道のりを歩き、ようやく歌舞伎町も通過してラブホ街へ到着。

 

 

その間どこへ連れて行かれるのかを怪しむ発言や不安そうな雰囲気も一切なし。

 

完璧や。

 

いつも入るラブホ前まで行き唐突に。

 

「ここ入ろ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「え、ヤダ」

 

 

 

 

 

 

ええええええええええええ( ;´Д`)いやぁぁぁぁぁ

 

 

 

いや、ちょっと待て!

ほぼほぼトーク内容、相手のリアクションも特に問題なかったし手つなぎもOKだしテンションキープもバッチリだったのに。

確かにちょっと自己開示とか足りないかなとは思ってたけどもw

 

と1秒くらい思いましたが、そこはストリート歴4年の僕です。

 

ちょっとやそっとじゃ諦めませんよ?

 

「なに?ホテルじゃなくてここのバッティングセンターがいいの?(目の前にバッティングセンターがあったため)」

 

「うんうんそっちの方がいい^^」

 

「運動しないのに無理しちゃってー」

 

んで一旦雰囲気立て直し!

 

引き続き並行トークしつつ

 

「じゃあここ入ろ」

 

「やだー」

 

「いや、歯を診てもらいたいからさー(歯科受付でよくやっていると言っていたので)」

 

「えー」

 

「だから一瞬だけはいろ。それならいいでしょ?」

 

「……」

 

「なんで?やらしいこと考えてるでしょ?」

 

「やらしいことって?」

 

「エロいこと。そういうのなしでいいから行こうよ。もうちょっと話したいし」

 

「やだー」

 

※一度断られたときは和み直して再度打診→その際ラブホに入る理由付け+あえてエロいこと考えてるであろうことを指摘して女の子を安心させる

 

が有効であります

 

前にも書きましたが、こういうクロージング部分では断られても動揺した様子を見せないことが大事ですね( ̄‥ ̄)

 

という攻防が続き、計3回ほど打診した結果

 

 

 

 

 

 

ダメでした(..;;

 

 

 

まさかの展開でしたが、和めてはいるし完全ダメでもない状況

 

そんなときは

 

自宅(=別の打診)に切り替えましょう!w

 

「じゃあ分かった。ここは辞めよう。つかタクシー乗ろう」

 

「ヤダ。なんで。どこ行くの?」

 

「アットホームなところ( ´艸`)」

 

「やだなにそれどこ」

 

「○○(自宅の地名)らへんだよ。そこらへんでお茶して帰ろう」

 

※行き先の名前とそこに行って何をするのかを伝えてあげることで女の子は安心します

 

ラブホグダw→自宅へ誘導

 

ラブホ街から自宅へ向かうため、大通りを目指します。

 

このときも落ち着いてテンションキープのトークを継続。

 

しかしラブホ街の近くの大通り

 

117755

 

タクシーこねえw

 

通ってもみんな人が乗っているので一向に捕まらない

(テンションキープしながらタクシー捕まえるのは非常に疲れます)

 

そこで、大通りに近い交差点へ移動。

 

そして5分くらいして

 

ようやくタクシーを確保!

 

そこからは自宅近く降りて、コンビニ寄って和んで自宅にin

 

追加でグダはあったものの

 

最後は

 

q

 

こんなポーズをとっていただき、終わりました。

自分から積極的に求めてくるとってもエロい女の子でした。

 

ゲットまでよく考えたら3時間近くかかってるんですよねw

 

もっとスムーズにゲットしたいものですw

 

今回のゲットのポイントとまとめ

 

・ネットでもマッチングからアポるまではまずラポールの構築を意識

→やりとりで相手がどんなタイプであるかを観察しておく

・待ち合わせの時間に少し遅れるなど登場シーンから主導権を意識する

・相手によってはあえて主導権を明け渡してもよい(ただし適宜クロージングは行う)

・ラブホ打診がダメでも諦めない。和んで手を替え品を替え何度か打診してみる

 

となります。

 

今回行けそうだと思ったのに、なぜラブホがダメだったのかをゲット後にぼんやりと考えていました。

 

一番はその後の会話で言われた「よく知らなかったから」が原因かと思いますw

 

相手がよくしゃべるタイプだったので、自己開示が少なくなり結果的に警戒心を招きましたw

 

今回は寂しがりやの子だったので自宅までは来てくれましたが、

逆にそういうタイプでなかった場合は恐らく失敗していたでしょうw

 

相手を中心に会話を組み立てるのは間違っていないんですが、

ほどほどに自己開示して自分が何者であるのかも伝えないといけません。

 

悪い意味で「この人よく分かんないw」となるんでw

 

そんなことをゲット後の達成感に浸りながらも秋夜を眺めながら考えていました。

 

今後はネットやストリートはもちろん、バーナンパなどにも繰り出してゲットを積み重ねていこうと思います。

 

それでは!

 

 恋愛を制するものは人生を制す


僕は23歳の頃からナンパを始め、
これまで累計100人以上の女性とベッドを共にしてきました。


そう言うと

「お前はどうせもとからイケメンで、
しゃべるのも上手かったんだろ?」

と思われるかもしれません。


ただ、僕はもともと女性にモテていたわけでも、
イケメンだったわけでも、
ましてやしゃべるのが得意だったわけでもありません。


むしろ真逆。


スポーツや勉強、すべてが平凡で自信のない、
ただのコミュ障。

おまけに23歳まで彼女ナシ、素人童貞という
吉粋の『非モテ男子』でした。


ただ、そんな僕でもナンパを始めてからは
道行く美女に堂々と声をかけられるようになり、
彼女らとデートやセッ○スを存分に楽しめるようになりました。



そして、美女をゲットし自信がついたことで、
今ではナンパだけでなく独立起業することにも成功しました。


恋愛もビジネスも結局は
「慣れ」なんですよね。


美女と話すことに慣れて、
どんな時でも男らしく堂々と振舞えるようになれば、
誰でも必ずモテるようになるということです。



そこで、もしあなたが女性問題を解決し、
人生を変えることに興味があれば、

僕たいこうが雑魚過ぎたメンタル(=「心体力」)を鍛え直し、
過去のひどすぎた女性コンプレックスを解消した過程を公開しているので
下記の記事をぜひ読んでみてください。




23歳素人童貞から100人切りナンパ師になれた僕たいこうの理念



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



下記画像をクリックして『鍛恋道場入門編』の詳細を見てみる


ccmail









 著者プロフィール

たいこう

23歳まで素人童貞だった元非モテ男。このままじゃ男として0点以下の人生になると思い、一念発起してストリートナンパを開始。
ガンシカ・罵声・年下に舐められる等数多くの悔しい思いを経験。

それでも凄腕のナンパ師の助力や素晴らしい女性との出会いもあり、遂に自分が心から納得できる女性をゲット。理想の人と付き合うことの充足感を知る。

ナンパ活動を通じて、人生を前に進めるメンタルの強さ=「心体力」を鍛えることが人生の肝と悟り、現在は一人でも多くの人生を前向きなものにするために活動中。

詳しくはコチラ

あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


著者プロフィール

はじめまして!たいこうと申します。

僕は23歳まで素人童貞という、正真正銘の非モテ男でした。
  
「このままじゃ男として0点以下の人生になる」
  
そこから、一念発起してストリートナンパを開始し、今では累計100人以上の女性と関係を持つことに成功しました。
  
結果、自分でもビビるくらい自信がつきまして、現在は独立起業してナンパ以外にも好きなことにチャレンジしまくる自由な日々を送っています。
  
そんなの嘘だと思いますよねw
  
ただ、そう思われたあなたにこそ、このような世界が実在するということを知ってもらいたいです。
  
もっと詳しく僕やナンパについて知りたい方は、下記の記事を読んでみてください。
  

↓↓↓↓↓

23歳素人童貞から100人切りナンパ師になれた僕たいこうの理念

ブログ村ランキングに登録しています!

にほんブログ村 恋愛ブログへ
応援よろしくお願いします!

ナンパ初心者の方におすすめ

スポンサードリンク

RETURN TOP